旭区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

新春寄稿 「至誠」を尽くす一年に 衆議院議員 古川なおき

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 昨年の衆議院選挙では、地元の皆様にご支援いただき、保土ケ谷区、旭区の9万2405人もの皆様に信任いただきました。身の引き締まる思いです。今年は衆議院議員として初めて新年を迎えることになりましたが、「今年こそ明るい日常を取り戻したい」と強く思います。26年間の横浜市会議員としての経験も活かしながら、地元横浜をはじめ我が国のために精進してまいります。国会での所属は総務委員会、文部科学委員会、科学技術・イノベーション推進特別委員会、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会に決まりました。総務省や文部科学省に関する法案を審議することになりますが、地方自治や教育、科学技術の発展に取り組みたいと思います。

補正予算が可決

 先月の臨時国会では、約36兆円と補正予算としては過去最大の予算案を可決しました。18歳以下への10万円相当の給付や中小企業などへの「事業復活支援金」なども各自治体の協力をいただき、速やかに実施するとともに、新型コロナへのこれまで以上の万全の対策が求められます。また、万一に備え、病床と医療人材の確保、3回目のワクチン接種を滞りなく実施できるように努めなければなりません。新型コロナの飲み薬も国内での承認の審査を急ぎ、速やかに提供できるよう政府には取り組んでいただきたいと思います。

西郷隆盛の言葉

 月刊『致知』の新年号に「至誠」のことが書かれていました。西郷隆盛は「人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして己を尽くし、人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ねべし」と事業を成すに当たっての心構えを説いています。天に対して真心の限りを尽くし、仮に失敗しても人のせいにせず、自分の真心が足りなかったのではないかと自省せよというのです。心に留めて今年も頑張りたいと思います。

古川なおき事務所

事務所/横浜市旭区中希望が丘199-1

TEL:045-391-4000
FAX:045-366-9700

http://www.furukawa2002.com/

旭区版の意見広告・議会報告最新6

「医療的ケア児支援」の充実

市政報告㉞

「医療的ケア児支援」の充実

横浜市会議員 木内ひでかず

5月5日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

身近な課題にもチャレンジ【2】

市政報告㉝

身近な課題にもチャレンジ【2】

横浜市会議員 木内ひでかず

4月7日号

「県民割」再開、28日まで

県議会議員いそもと桂太郎 県政レポート

「県民割」再開、28日まで

4月7日号

進化する中学校給食

公明党横浜市議団市政報告

進化する中学校給食

3月31日号

「中学校給食の全員実施」と「3つのゼロ」実現へ

市政報告

「中学校給食の全員実施」と「3つのゼロ」実現へ

日本共産党横浜市会議員 かわじ民夫

3月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook