旭区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

旭区内火災件数 前年同数で少なめ推移 原因最多は「たばこ」と「放火」

社会

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

 旭消防署(古屋明弘署長)によると、区内で昨年2021年に発生した火災件数は41件。前年から増減はなく、引き続き少なめの発生件数で推移している。主な原因の最多は「たばこ」(6件)と「放火」(同)だった。昨年の数値はすべて速報値。

 2021年の横浜市内全体の火災件数は696件。前年比72件増で、特に「電気火災」が過去最多の183件(前年比45件増)発生している。区別の発生件数の最多は中区の84件で、最少は栄区の16件だった。

 旭区内で昨年発生した火災の主な原因の最多は「たばこ」と「放火(疑いを含む)」の各6件。「放火」が前年比6件減だった一方、「たばこ」は4件増えている。そのほかの主な原因では「こんろ」4件(同1件増)、「ストーブ」2件(同増減なし)、「電気機器」2件(同2件減)だった。たばこ火災が増えていることに関し、旭消防署総務・予防課の担当者は「寝たばこをしない。灰皿に水を入れる。灰皿に吸い殻をためない。ごみ箱などに吸い殻を直接捨てないことが重要」と話した上、「こんろ火災は、調理中にその場を離れない。こんろ周りを整理整頓し、燃えやすい物を置かない。グリル内をこまめに手入れし、油かすなどをためないように」と注意を促している。また、住宅用火災警報器設置の義務化から10年が経過しているが、未だに未設置の住宅がある現状に対し「住宅用火災警報器は、火災が広がる一歩手前の熱や煙を感知して警報音で周囲に知らせ、火災の早期発見に有効な機器です。設置の有無で火災の被害に大きな差がでますので、設置や古くなった機器の交換をしましょう」と同課担当者は話す。

救急件数は600件増

 昨年の救急出場件数は、横浜市・旭区内ともに前年から増加している。市内では20万4427件(同9788件増)、区内は1万3660件(同607件増)だった。出場種別では、市・区内とも「急病」が全体の約7割。1日あたりの出場件数は、市内で560件(同28件増)、区内では37・4件(同1・7件増)だった。

 同課担当者は「救出場件数の増加は、新型コロナウイルス感染症による影響ではない」としつつ、「けがに伴う救急搬送が増えています。部屋を明るくする、普段から整理整頓を心掛けるなど、転倒防止に努めましょう。また、降雪時に足を滑らせ転倒する事案が多発しました。路面が凍結している際は足元に十分注意してください」と話した。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

女子サッカー部を設立

旭高校

女子サッカー部を設立 スポーツ

部員3人から大会目指す

5月19日号

27年開催へ機運醸成

横浜国際園芸博旭区協議会

27年開催へ機運醸成 社会

コロナ禍で1年ぶり

5月19日号

今夏、3年ぶり開催へ

横浜旭ジャズまつり

今夏、3年ぶり開催へ 文化

5月22日にプレイベント

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

被害額が2250万円増

特殊詐欺被害 1−3月期

被害額が2250万円増 社会

「カード不正利用」騙り電話

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook