旭区版 掲載号:2022年6月9日号 エリアトップへ

市政報㉟ 15人に1人がヤングケアラー 横浜市会議員 木内ひでかず

掲載号:2022年6月9日号

  • LINE
  • hatena

 5月13日から令和4年第2回市会定例会が始まり『持続的な発展に向けた財政ビジョン策定』や『物価高騰に対応した緊急支援策』等について議論していますが、今回は我が会派の論戦から以下のテーマについて報告します。

ヤングケアラーの対策推進

 本年1月に国がヤングケアラーの実態を把握するため、全国の小学6年生を対象に実施した調査において、回答した子どもの約15人に1人が「家族の世話をしている」と答えています。中には、日々お手伝いの範疇を超えた多くの時間を家族の世話に費やし、辛い思いをしている子どもたちもいます。

 国においては我が党の対策推進の訴えもあり、令和4年度からの3年間をヤングケアラーに関する社会的認知度向上の集中取組期間と定め、支援体制の構築に向けて新たに「ヤングケアラーコーディネーター」の配置を検討するなど、まずは相談支援体制の充実を打ち出しています。

 そこで、本市においても支援体制を強化する必要があると考え、市長の見解を伺ったところ、「実態把握調査を行い、その結果も踏まえ、子どもや家庭と関わる教育や福祉等の分野が連携し、適切な支援につなげるための体制強化を検討実施する」との答弁を得ました。

 そもそも幼い頃から家族の世話をしている子どもはその状況が当たり前で、誰かに相談するという発想が持てずに苦しい状況に置かれていても、胸の内を明かすことは容易ではないと思います。

 そこで、周囲の大人がヤングケアラーに気付くことも重要と考え、市長の見解を伺ったところ、「ヤングケアラーは表面化しにくいことが課題であると認識し、学校や地域等で子どもたちと日々接する大人がいち早く気付き、支援につなげていくことが大切と考え、今年度は、新たに理解促進を図るフォーラム開催やリーフレット配布、動画配信等により普及啓発を進めていく」との答弁も得ました。

6月7日まで開会中の第2回市会定例会
6月7日まで開会中の第2回市会定例会

横浜市会議員 木内ひでかず

横浜市旭区二俣川2-58-12 Sビル 2F

TEL:045-366-7073

https://www.kiuchi-hidekazu.com/

9月4日 横浜開催セミナー

古くなったアパートのリスクと問題解決セミナー

https://ansapo.jp/semi/1919

<PR>

旭区版の意見広告・議会報告最新6

県立特別支援学校の校名変更

県議会議員いそもと桂太郎 県政レポート

県立特別支援学校の校名変更

8月18日号

横浜市の脱炭素の取組について

市政報告㊲

横浜市の脱炭素の取組について

横浜市会議員 木内ひでかず

8月11日号

物価高騰に補正予算で対策

市政報㊱

物価高騰に補正予算で対策

横浜市会議員 木内ひでかず

7月14日号

「日常のくらしを守る外交政策を」

国民民主党参議院第1区総支部長・深作ヘスス外交を語る!

「日常のくらしを守る外交政策を」

横浜市会議員 こがゆ康弘

6月16日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook