瀬谷区版 掲載号:2011年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

中途障害者と地域つなぐ 「ワンステップ瀬谷」が設立10周年

社会

それぞれが自分のペースで製作に打ち込む
それぞれが自分のペースで製作に打ち込む

 NPO法人中途障害者地域活動センター「ワンステップ瀬谷」(原光一所長)で2月26日(土)、設立10周年記念交流会が開かれる。地域への感謝と活動周知が目的。同所は「自身や家族に同じ障害・悩みを持つ人に活動を伝えたい」と話す。

 中途障害者地域活動センターは各区に1カ所ある施設。脳血管疾病などによる中途障害者の地域活動のきっかけにと、製品作り・販売のほか、地域の障害者団体や学校との交流、バザーやイベントへの参加など地域交流も活発に行う。ワンステップ瀬谷(二ツ橋町)では、脳卒中などの脳血管疾病で手足、言語などに後遺症を持つ人のうち、比較的自立して動ける人が利用。区内在住の30歳代後半〜70歳の約20人が活動する。同所は70歳頃まで利用でき、その後障害者交流団体などで地域活動する人もいる。

 利用者にとって、同所は学校のような存在。月曜〜金曜に訪れ、ビーズ小物や木製の飾りなどを製作する。「通うことが第一のリハビリ。良くするというより、悪くならないためかな」と話すのは、交流会実行委員長の吉田謙司さん。吉田さんは脳溢血から手足に後遺症が残り「退院直後はどうしたら良いか分からなかった」という。区の紹介で開所当時から同所を利用。足に障害を抱えながらも毎日ゆっくり歩いて通う。

 吉田さんは、「中には作業をするうち手が動くようになった人もいる。交流会を通し多くの人に活動を知ってもらえたら」と話した。

 交流会は午後1時〜3時。製品の展示・販売、手作り体験、ダーツや輪投げ、喫茶コーナーなど。同所利用条件など問合せは同所【電話】360・1408へ。

家にこもらず地域へ

 区の高齢障害支援課によると「軽度の後遺症の方は退院後、後遺症を持つ前との違いに外出が億劫になり、家にこもりがちになって体が弱ってしまうケースもある」という。同所のほか地域ケアプラザなどを拠点に活動する支援団体も。「成人病などで若いうちに障害を持つ方もいる。リハビリや生活リズム作り、相談の場に地域の団体を利用してほしい」と話した。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク