瀬谷区版 掲載号:2011年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

東日本大震災 区職員も被災地で救援活動 18日 総務課の宇多係長が仙台へ

社会

宮城県仙台市内の被災現場(宇多さん撮影)。「避難経路、避難場所の再確認が重要。日頃の準備と行政からの避難指示に耳を傾けてほしい」と宇多さん
宮城県仙台市内の被災現場(宇多さん撮影)。「避難経路、避難場所の再確認が重要。日頃の準備と行政からの避難指示に耳を傾けてほしい」と宇多さん

 東日本大震災の救援部隊として現在、横浜市の職員約30人が3日交替で宮城県仙台市内に派遣されている。瀬谷区からは3月18日から21日の3日間、総務課危機管理担当係長の宇多範泰さんが現地に赴いた。

 宇多さんが活動したのは宮城県仙台市宮城野区にある消防学校。全国から毎日届けられる10tトラック15、6台分の救援物資の仕分け作業を行った。宇多さんの活動場所は海の近くで「想像以上の被害。建物のほとんどが津波で流されていた」と話した。現地把握のため3日間で6カ所の避難所を訪れ、「避難所では、市民で構成される運営委員が食事や物資の分配などスムーズな運営をしており、普段の訓練が重要と感じた」と話す。

 宇多さんが現地で聞いた話によると、今回の津波による被害で亡くなった人の中には、行政が避難指示を出しても危険性の認識が低く、避難が遅れてしまった人が多く含まれるという。

 今回の被災地での救援活動を受け、宇多さんは「瀬谷区では地震以外に大雨による水害が発生する危険性もあり、瀬谷区でも危機感を持った広報の徹底をしたい」と話した。

普段から危機管理対策を

 瀬谷区の近年の災害では2008年に大雨の影響で境川の水が溢れ、流域の住宅に浸水被害が発生した。区では境川の上流で局地的な大雨が降ると、車両を走らせての水位上昇の広報や、連合町内会長を通した電話とメールでの注意喚起を行っている。宇多さんは「流域に住む方々をはじめ、危険情報に耳を傾ける姿勢と、危険な場所にいるという危機感を持っていただければ」と今まで以上の危機管理を呼びかけた。
 

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

住まい環境の満足度、6割

17年度区民意識調査

住まい環境の満足度、6割

3月15日号

コーヒーで「ほっこり」

柳さん(北新)が最優秀賞

相模線沿線フォトコン

柳さん(北新)が最優秀賞

3月15日号

和紙ちぎり絵600点

瀬谷駅・安田さんに感謝状

瀬谷消防署

瀬谷駅・安田さんに感謝状

3月15日号

3月31日は市民無料

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク