瀬谷区版 掲載号:2011年5月5日号
  • googleplus
  • LINE

子育てサロン「えむ」の代表で、民生委員、主任児童委員などでも地域で活動する 小川 智惠子さん 宮沢在住 53歳

地域を繋ぐ安心の笑顔

 ○…特別な会話をしなくても「笑顔」のキャッチボールができる場所―宮沢の子育てサロン「えむ」だ。地区の社会福祉協議会などと協力しサロン立ち上げを決め、代表となりスタッフを集めて活動をスタートさせた。3年目に入り「スタッフが近所で家にこもりがちな人に声をかけて連れてきたり、お母さん同士声をかけ合って参加したり」と輪が広がる。「地域の繋がりっていいねぇ」。

 ○…えむでは70歳代から乳幼児まで、四世代が交流。母親はスタッフから、スタッフは子どもたちから元気をもらう。「えむは『微笑む』のえむ。みんなが笑顔になれる」と活動の様子を思い出してほっと笑う。出産した時は四世代9人が同居する大家族で、世代間の絆の大切さを感じながら子育てしてきた。「心配な人にはサロン後に電話したり、街中で会った時お互い声をかけあったり、その場限りの交流で終わらない。これが地域の子育てよね」と地域で見守る思いは強い。

 ○…「瀬谷は自然も人もあったかい良いところ」と話す笑顔と口調は、ナチュラルで柔らか。生まれも育ちも宮沢。以前は周辺に田んぼも多く、カエルの鳴き声やホタルの光が通りに溢れていた。自然な温かさは地域の人たちにも。学校関係や社協、自治会などの活動で出会った人は、熱心に地域のことを考えて行動する人たちばかり。「今後も良いところは壊れないでほしいな」と願う。

 ○…結婚前は幼稚園の教諭を務めていた。「先生だから平気でしょって言われたけど、我が子の子育てが難しいのはみんな同じ。一人で悩まないでって言うのは簡単。支援者からアピールしなきゃ」と活動周知に意欲を見せる。地域では民生委員としても活動しており、子育て世代だけでなく、高齢者への声かけも進める。「相談しやすくしていかなきゃね」と人を包み込むような優しい表情。その笑顔が、幅広い年代の人たちを地域に繋げていく。
 

瀬谷区版の人物風土記最新6件

柳 盛康さん

相模線沿線写真コンテストで最優秀賞を獲得した

柳 盛康さん

3月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎えた日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

3月8日号

平野 太一さん

県立高校からの甲子園出場を目指す瀬谷高校野球部の監督を務める

平野 太一さん

3月1日号

車(くるま) 秀徳さん

瀬谷公会堂の運営業務責任者を務める

車(くるま) 秀徳さん

2月22日号

山口 紗矢佳さん

シンガーソングライターとして活動し、3月にワンマンライブを控える

山口 紗矢佳さん

2月15日号

飯吉 明子さん

「ピンチをチャンスに!減災共助の会」の世話人の一人として活動する

飯吉 明子さん

2月8日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク