瀬谷区版 掲載号:2011年5月12日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

矯正専門医に聞く ―学校歯科健診― 歯並びが悪いと言われたら ひらの矯正歯科

矯正専門医として担当した患者は1千人にもなるという平野先生
矯正専門医として担当した患者は1千人にもなるという平野先生

 新学期、学校で行われる歯科健診で「噛み合わせ」や「歯並び」の項目にチェックされる児童が増えているという。矯正専門医の平野正芳先生(ひらの矯正歯科・二ツ橋町)に子どもの矯正治療について聞いた。

記者―現代の子どもの歯並びの特徴は?

平野―現代の子どもは歯が大きく顎が小さいことが特徴で、自然に歯並びが整う子どもは少ないです。歯列に段差がある、出っ歯、受け口、前歯が噛み合わない、将来的に歯並びが悪くなる可能性がある場合などに、健診で歯並びの項目に○が付きます。これらは審美面だけではなく、健康面、将来の虫歯や歯周病のリスクにつながります。

記者―すぐ矯正治療を受けた方がいいのでしょうか?

平野―まずは矯正専門医にご相談下さい。顎の成長や口腔周囲の状態をチェックして、矯正治療が必要かどうかを判断します。今すぐ治療が必要なケースや、経過観察して治療の時期や必要性を判断するケース、生え変わる中で自然に治るケース等さまざまです。ささいなことでもご相談下さい。

記者―子どもの矯正治療に適した時期はありますか?

平野―すべて永久歯になってからでも矯正治療は可能です。しかし完全に生え変わる前だと顎の成長を利用して治療できるため、将来的に永久歯を抜かずに済む可能性が大きくなります。その人の状態によって治療を始める適切な時期があるので、早い段階での専門医の診断をお勧めします。

記者―治療法は?

平野―乳歯があるうちは主に取り外し式の装置を在宅時のみ付けて治療する場合も。歯の裏側に器具を付ける裏側矯正もあり、外見を気にせずに済みます。当院のモットーは「なるべく永久歯を抜かない治療」。矯正専門で専門医師が常駐しているので、急な器具の不具合などにもすぐに対応できる体制を整えています。
 

ひらの矯正歯科

横浜市瀬谷区二ツ橋町304-1

TEL:045-366-0044

http://www.hirano-kyousei.jp/

瀬谷区版のピックアップ(PR)最新6件

グランドオープン迫る!

合掌の杜横浜下川井霊園

グランドオープン迫る!

3月15日号

桜さくら ら・ら・ら

春らんまん♪桜特別号

桜さくら ら・ら・ら

3月10日号

若者の「ひきこもり」相談窓口知って

未経験者も大歓迎事務スタッフ募集

マツダショールーム

未経験者も大歓迎事務スタッフ募集

3月8日号

介護の「仲間」募る

(株)アイシマのサ高住3施設 瀬谷区

介護の「仲間」募る

3月8日号

人々の暮らしを支える

作業員・運転手募集 阿久和南

人々の暮らしを支える

3月8日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク