瀬谷区版 掲載号:2011年5月19日号
  • googleplus
  • LINE

せやまる・ふれあい館 開所 旧アレセン跡地 子育て・福祉・市民活動の拠点に

社会

病院の建物を利用した同館
病院の建物を利用した同館

 旧・横浜市アレルギーセンターの跡地にこのほど、福祉、子育て関連などの複合施設「せやまる・ふれあい館」が開所した。2006年から開園しているシャローム三育保育園に加え、今年新たに5施設が入所。4月から各施設ごとに順次運営が始まっている。

 同館は、2005年に機能移転に伴い閉院した旧・横浜市アレルギーセンター(二ツ橋町)の建物を活用して整備された施設。

 区は閉院後、区民の意見などを踏まえ、跡地を福祉・地域活動の拠点として利用すると決定。2007年度、同センター南棟の建物を利用し、子育て、障害者支援、市民活動拠点などが入所した複合施設を整備することが決まった。2009年には一般から施設の愛称を募り、「せやまる・ふれあい館」に決定された。

 市は06年に開所したシャローム三育保育園を除いた、同センター南棟の改修工事に約7億円を費やし、今年整備が完了。地域子育て支援拠点(子育て情報提供、相談・交流の場)、生活支援センター(こころの病がある人への相談、社会参加支援)、地域ケアプラザを新設し、二ツ橋交差点付近にあった福祉保健活動拠点「パートナーせや」と区民活動センターを移転して5施設が入所した。保育園と合わせて、6施設が入所する複合施設として利用が始まっている。

 区は同館について「各施設の利用をきっかけに他の施設にも関心を持ってもらい、市民活動を広げるきっかけにしてほしい」とし、「施設名の通り、人と人が触れ合える施設にしていけたら」と話している。

 また、同センター北棟は解体撤去され、市有地約4000平方メートルが更地になっている。活用方法は現在未定で、区は「今後検討していきたい」としている。

道路走行に注意を

 開所にあたり周辺道路の整備も行われ、バリアフリー化や駐車場の整備を行った。付近には二つ橋高等特別支援学校、三ツ境養護学校、二つ橋小学校の3校があり、児童・生徒が周辺を通行する。区は同館の利用者に向け、看板や一時停止の表示などで交通ルールの遵守を呼びかけている。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク