瀬谷区版 掲載号:2011年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷駅北口放置自転車 抑止に向け住民ら活動 買い物客の駐輪場確保が課題

社会

広場中央にずらりと並ぶ自転車。広場に自転車で乗り入れる人も
広場中央にずらりと並ぶ自転車。広場に自転車で乗り入れる人も

 放置自転車が問題になっている瀬谷駅北口広場。同所は昨年10月に道路法で歩行者専用道路に指定されたが、現状では自転車で広場に乗り入れる人が見受けられ、周辺店舗の開店時間帯には多くの自転車が広場に並んでいる。自転車放置防止に向け、近隣住民らが協議会を組織して活動している。

 瀬谷駅周辺は、市の条例で自転車等放置禁止区域に指定されている。また同駅北口広場は、昨年10月から道路法の歩行者専用道路になっており、自転車等の乗り入れが禁止されている。

 瀬谷区によると、北口広場は買い物客や電車で出かける人と見られる駐輪が多く、自転車が歩行者の通行を妨げ、救急車両の運行に支障をきたすなど、近年問題になっているという。

 瀬谷駅周辺の自転車の放置を抑止しようと、4年前から、周辺の6連合自治会の有志が「瀬谷駅自転車等放置防止推進協議会」(奥津敏雄代表)として活動。週3回早朝に、瀬谷駅北口を中心に放置抑止や乗り入れ禁止を呼びかけている。

 奥津代表は「歩行者専用道路になったことをまだ知らない人もいる」と活動を通して周知。「自分たちが住む街の安全・安心のために、『優しく丁寧に』を心がけて注意喚起したい」と話している。

一時駐輪場確保が鍵

 区は昨年11月29日に、北口広場の放置自転車台数を調査。同協議会活動時間が含まれる午前8時から9時の間では15台だった。しかし、同日の午後1時から2時には345台、午後5時から6時は368台に。

 区は、「協議会が早朝の時間帯に広場に立つことは、自転車放置の抑止力になっている」というが、「早朝に通勤・通学の人が買い物客用の一時駐輪場を利用し、開店時にはすでに満車になっていることが自転車放置の要因では」と話す。

 区は民間の監視員に委託し、午後も広場の警戒にあたるとともに、「今後各店舗や民間駐輪場と調整を進め一時利用の駐輪場を確保していきたい」としている。
 

駐輪場の地図を貼って回る協議会メンバー
駐輪場の地図を貼って回る協議会メンバー

瀬谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

7年ぶり全国で「攻める」

瀬谷リトルシニア

7年ぶり全国で「攻める」

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

3月12日に開通へ

瀬谷団地連絡道路

3月12日に開通へ

3月8日号

「じゃんぼかるた」で対決

瀬谷スポーツセンター

「じゃんぼかるた」で対決

3月1日号

仏料理大会で世界2位

工藤雅克さん(二ツ橋町)

仏料理大会で世界2位

3月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク