瀬谷区版 掲載号:2011年8月18日号
  • googleplus
  • LINE

震度5強以上は"校内待機" 市教委「学校防災計画」改定とは

 本紙前号で、瀬谷区が学校防災計画の見直しにあたり、瀬谷消防署の協力を仰ぐことなど独自の方針を固めたことを報じた。市教育委員会の「市学校防災計画」改訂を受けてのものだが、ここでは「大規模地震」の定義化や震災発生時の児童・生徒の預かり、保護者への引渡し基準などが明確にされている。その内容とは。

 「市学校防災計画」は、横浜市防災計画を基本的な枠組みとし、各学校での防災計画策定の基準を示すものとして2006年に策定された。

 しかし、防災対応をとる地震について「巨大地震」や「大規模地震」などと、定めてはあったが”あいまい”な文言となっており、統一されていなかった。震災当日は、各学校の防災計画に基づいて行動はしたが、初動対応が分かれた。

 また、児童・生徒を帰宅させるか校内待機させるかの判断も「学校任せ」になっていたことから、当日は安否確認が混乱した。校内待機を夜(午後10時)までとった学校は市内513校中137校と約4分の1。

 保護者は自分の子どもが帰宅しているのか、校内にいるのかがわからず学校に問い合わせたが、学校によっては停電などの影響もあり電話がつながらない状態が続いた。両親が不在の中、児童が一人で家に居た事例もあったという。学校側も、メール配信やホームページで情報を発信するなどしたが伝わらないケースも。保護者からの苦情もあり、震災発生時の対応が課題として浮かび上がった。市ではこれを踏まえ、4月27日に10人からなる「学校防災計画見直し検討プロジェクト」を発足。課題や文言のあいまいさの見直し、検討が行われた。

 改定計画では、大規模地震の定義が「市内いずれかで震度5強以上の地震が観測されたとき」と定められた。その上で、大規模地震発生時は授業を打ち切り、小、中、特別支援学校は「保護者が学校に引き取りに来るまで預かる」。高校については「あらかじめ保護者から学校に預かるか下校させるかを聞き原則はそれに従う」などとされた。これに加え新たに津波への対応も追加された。

 なお、各学校で児童生徒を預かる場合の非常食などについては、今後検討されることになる。

 市では「子どもたちの安全を第一に考え改定した。今後は各学校の特性を考えた防災計画の作成をお願いしたい」と話した。
 

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク