瀬谷区版 掲載号:2011年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

県大会で2連覇を果たした瀬谷西高校軽音楽部の顧問 富永 淳さん 東京都在住 51歳

ロックにも礼儀が大切

 ○…瀬谷西高校軽音楽部の顧問になって3年目。昨年秋と今年の夏、史上初の2大会連続の神奈川県グランプリに導いた。「長年軽音楽部の顧問をしていてもグランプリを獲ることができないのに、2連続なんて。とても嬉しい」。赴任1年目から「体育会系軽音楽部」を標榜し部の体質改善を図り、あいさつなどの礼儀作法、先約優先、時間管理を徹底させた。「個人の利益より集団の利益」を合言葉にバンド活動だけではなく、ライブの裏方作業もできるように指導。当初はついていけない生徒もいたというが、今では企画から照明、音響、演奏全てを部でこなせる「総合エンタメ集団」を目指し活動を続ける。

 ○…母方が筝曲生田流の師範。弟子たちに厳しく稽古する母や祖母、裏方である舞台スタッフの職人気質を垣間見て育ってきた。そうした環境の下、ピアノを始めギター、ドラム、ベースなどを演奏するように。現在は他校の教員とのバンドでキーボード、シンセサイザーを担当する。「全然知らない人でも音楽をやってれば、音楽を共通言語にすぐ旧知の仲になれる」と音楽の魅力を語る。

 ○…家族は妻と長女、長男、次女の5人家族。子どもたちが自分たちでバンドを組んだりすることはないというが、長男が歌に興味を示していることが最近の関心事。「『隠れ軽音部』なんてからかっているんですがね」と少し照れながら嬉しそうな顔を見せた。

 ○…先日の大会で瀬谷西高の生徒に教えたあいさつと同じことをしている高校を見かけ、びっくりした。「真似されたと思ったけど、それもそのはず、私が前にいた高校の軽音楽部だった」と伝統が受け継がれている事実を見て安心した。「賞獲りが全てではないけど、受け持つからには上位入賞を狙わせたい。またどうしても教員なので異動がある。私がいなくなった後でも教えたことが生き続けてほしいという願いもあります」と締めくくった。
 

瀬谷区版の人物風土記最新6件

柳 盛康さん

相模線沿線写真コンテストで最優秀賞を獲得した

柳 盛康さん

3月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎えた日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

3月8日号

平野 太一さん

県立高校からの甲子園出場を目指す瀬谷高校野球部の監督を務める

平野 太一さん

3月1日号

車(くるま) 秀徳さん

瀬谷公会堂の運営業務責任者を務める

車(くるま) 秀徳さん

2月22日号

山口 紗矢佳さん

シンガーソングライターとして活動し、3月にワンマンライブを控える

山口 紗矢佳さん

2月15日号

飯吉 明子さん

「ピンチをチャンスに!減災共助の会」の世話人の一人として活動する

飯吉 明子さん

2月8日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク