瀬谷区版 掲載号:2011年10月6日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 がん検診、1ケタ台に低迷 制度周知が課題に

 横浜市は肺・胃・大腸・乳・子宮がん検診について公費による助成を行っている。しかし、平成22年度の肺・胃・大腸がんの受診率は1ケタ台に低迷。検診制度の周知不足や市民の意識不足が浮き彫りとなっている。

 22年に死亡した横浜市民は2万7304人で、このうち、がんによる死亡者は8716人と32%を占め、死因の第1位となっている。

 そのため、市はがんの早期発見と適切な治療に結びつける目的で検診機会のない市民を対象に検診費用の一部を助成し、自己負担を軽減している。肺・胃・大腸がん検診は40歳以上を対象に年度に1回受けられるほか、女性は40歳以上で乳がん検診と、20歳以上で子宮がん検診を2年度に1回受けられる。検診は身近ながん検診実施医療機関などで受診ができる。

 しかし、22年度の受診率は肺がん6・9%、胃がん4・7%、大腸がん8・8%と低迷しており、他自治体と比べても低い(表参照)。市健康福祉局保健事業課は、状況が違う他自治体との比較は単純にできないとした上で「広報やホームページでPRしているが、受診率に反映されていない。周知方法は試行錯誤している」と明かす。

 一方で乳がんと子宮がんの受診率は各17・6%、24・2%と比較的高い。これは21年度より国が乳がん検診を40歳から60歳まで、子宮頸がん検診を20歳から40歳の5歳刻みで無料で実施しており、対象者に個別通知していることが理由だと同課は推測する。しかしながらこの対象者以外にも個別通知をすることは費用面から難しく、市民自身のがんへの意識向上も課題だ。

 横浜市立大学医学部産婦人科教授で市大病院がんプロフェッショナル養成プログラム委員長の平原史樹氏は、がん検診について「早期に発見すれば治る可能性が高い。健康を守ることに対し、市民は意識をもっと持つべき」と指摘。同課も「多くの人にがん検診を受けてほしい」と話している。【電話】045・664・2631、がん検診問い合わせ専用
 

瀬谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

7年ぶり全国で「攻める」

瀬谷リトルシニア

7年ぶり全国で「攻める」

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

3月12日に開通へ

瀬谷団地連絡道路

3月12日に開通へ

3月8日号

「じゃんぼかるた」で対決

瀬谷スポーツセンター

「じゃんぼかるた」で対決

3月1日号

仏料理大会で世界2位

工藤雅克さん(二ツ橋町)

仏料理大会で世界2位

3月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク