瀬谷区版 掲載号:2011年10月20日号
  • googleplus
  • LINE

コーラス隊「あいりん・ミューズ」を指導する声楽家 志村 紀美江さん 二ツ橋町在住 53歳

歌の絆を信じて

 ○…幼稚園の一室には、「ハレルヤ・コーラス」を高らかに歌い上げるママたちのきらきらした姿。中でも人一倍気さくな笑顔と美声で、コーラス隊の指導にあたる。息子が通っていた二ツ橋愛隣幼稚園での「保護者のサークルを作ってみませんか」という声がきっかけで、コーラスグループ「あいりんミューズ」がスタート。5年目に突入し、声楽家としての活動を生かして「お母さんたちの力を育てていきたい」と意欲的だ。

 ○…国内・海外の音楽大学で学び、高校の音楽教師の傍ら、声楽家としてオペラやミュージカルに出演。結婚し瀬谷区に越してからも、子どもの幼稚園や学校で関わった人たちに歌を伝えてきた。これまで本格的に歌手を目指す人から、ママ世代、高齢世代まで2000人以上を指導。「人を育てるのは楽しい」と目を輝かせ、「生徒さんがみんな熱心で、自分も頑張らなきゃ!と刺激を受けます」と向上心も燃やす。

 ○…「家事は苦手だけど、楽譜を眺めてアレンジを考えたり、楽しい企画を考えるのはボランティアでも全然苦じゃないの」とおちゃめに笑う。小学生時はマンモス校の児童会長を務めるなど、人前に立ち、集団をまとめることが得意だった。今一番取り組みたいことは、孤独にならない子育てと老後の支援。「歌には付随するものがたくさんあって、呼吸や発声で体が元気になって、心が豊かで笑顔になる」といい、「いつか区や市が主導で”歌声広場”を開いてもらいたい」と願う。

 ○…熱のこもった生き生きとした口調は「若いママから元気をもらっているからかな。でも、そろそろアンチエイジングも始めなきゃ」と最後には苦笑い。現在は11月20日に瀬谷公会堂で開かれる「ふれあいコンサート」に向け、あいりんミューズの指導に注力。「歌を通したチームの絆がある」といい、「これからもママ自身が力を発揮できるように、サポート役に徹したい」と意気込んだ。
 

瀬谷区版の人物風土記最新6件

柳 盛康さん

相模線沿線写真コンテストで最優秀賞を獲得した

柳 盛康さん

3月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎えた日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

3月8日号

平野 太一さん

県立高校からの甲子園出場を目指す瀬谷高校野球部の監督を務める

平野 太一さん

3月1日号

車(くるま) 秀徳さん

瀬谷公会堂の運営業務責任者を務める

車(くるま) 秀徳さん

2月22日号

山口 紗矢佳さん

シンガーソングライターとして活動し、3月にワンマンライブを控える

山口 紗矢佳さん

2月15日号

飯吉 明子さん

「ピンチをチャンスに!減災共助の会」の世話人の一人として活動する

飯吉 明子さん

2月8日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク