瀬谷区版 掲載号:2011年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷区神社総代会の会長を務める 金子 佐久三さん 二ツ橋町在住 79歳

二ツ橋のことなら何でも

 ○…前会長の引退にともない2010年から会長を務める。加盟する瀬谷区内9神社で行く正式参拝旅行は1年おきの実施。昨年9月に伊勢神宮を参拝した。各神社から宮司、総代ら数名が参加し、バス1台借り切って総勢40人ほどの一泊旅行。毎年7月は総会、9月は各神社での例大祭などで多忙を極める。「会の運営を滞りなく進めていくのが一番」とやさしい口調で話す。

 ○…実は今年の9月に1ヵ月ほど入院していた。生まれて初めて経験した病院での毎日。しかも、ちょうど多忙を極める時期だった。自身が総代を務める二ツ橋神明社の例大祭も重なってしまった。「車椅子出すから神社まで来いって言うんだよ。”冗談じゃねえよ”って言ってやった」と笑う。こうした笑顔のやりとりが日常を彩る。

 ○…昭和7年瀬谷生まれ。農家として今でも現役だ。戦時中、父親が召集されてから、中学生の身で父親の代わりに各所に顔を出すようになり、今ではすっかり”瀬谷の生き字引”に。国勢調査の調査員を長年務めるなど「昔のことはこの人に聞け」が合言葉のように。幻の二ツ橋駅のエピソードを問うと「廃止になってからもしばらくはホームが残っててな。運転手も車掌も知り合いだったから、減速してもらってホームに飛び降りたもんだよ、ハハハッ」と古きよき時代の逸話を披露。聞けば聞くほど次々とエピソードが飛び出し、話す姿はとても楽しそう。周囲の人々と語り合うのが何よりの健康法なのだろう。

 ○…最近のお気に入りは占い。「どこで見てもらっても同じ答え。”一生涯大金は持てません””お気の毒な方”だって。ハハハッ」と笑い飛ばす。若い頃から消防団や農協の役員などで地域貢献。記憶力は今でも抜群だ。「駅があった時代の二ツ橋は瀬谷の先端を走ってた。戦後は芝居を見る劇場や呉服屋もあった。賑やかだったねえ」
 

瀬谷区版の人物風土記最新6件

柳 盛康さん

相模線沿線写真コンテストで最優秀賞を獲得した

柳 盛康さん

3月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎えた日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

3月8日号

平野 太一さん

県立高校からの甲子園出場を目指す瀬谷高校野球部の監督を務める

平野 太一さん

3月1日号

車(くるま) 秀徳さん

瀬谷公会堂の運営業務責任者を務める

車(くるま) 秀徳さん

2月22日号

山口 紗矢佳さん

シンガーソングライターとして活動し、3月にワンマンライブを控える

山口 紗矢佳さん

2月15日号

飯吉 明子さん

「ピンチをチャンスに!減災共助の会」の世話人の一人として活動する

飯吉 明子さん

2月8日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク