瀬谷区版 掲載号:2012年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

ヨコハマ3R夢(スリム)プラン 開始1年、周知に課題 リデュース事業本格化へ

 横浜市が2003年度に始めた「横浜G30プラン」は、ごみ排出量を30%削減する目標を上回り2010年度に終了した。市はG30に続く新たな計画として「ヨコハマ3R夢プラン」を昨年1月に策定したが、初年度の数値的な成果は小さい見込みで、全市的な周知不足も指摘されている。

 コスト削減で成果を上げたG30プランは、「分別」や「リサイクル」を中心にごみ減量に取り組んできた。「G30のその先へ」と題し受け継がれた3R夢プランでは、3R(スリーアール)の実践によって、更なるごみ減量と脱温暖化の推進を目指している。3つの「R」とは、Reduce(発生抑制)、Reuse(再使用)、Recycle(再生利用)の頭文字をまとめたもの。市では、ごみそのものを減らす「リデュース」に重点を置き、ごみ処理に伴って発生する温室効果ガスの削減を進める方針だ。旭区や鶴見区、港北区などでは、土壌混合法の講習を行い、野菜くずの堆肥化の普及に取り組んでいる。

節約ブームが追い風に

 計画目標では、ごみ処理に伴い排出される温室効果ガスを2025年度までに2009年度比で50%以上(ごみと資源の総量は同10%以上)削減することを掲げる。しかし、計画策定から1年が経過したにもかかわらず、市民からは「『3R夢』(スリム)の読み方が分からない」という声まで聞かれるなど、温室効果ガスを10%以上削減とする中間目標の達成も厳しい状況となっている。

 市資源循環局では、マスコットキャラクター「イーオ」とともにイベントなどに参加し、マイバッグ・マイボトル・マイ箸の持参などを啓発しているが、G30時のような大々的な広報活動はしていない。3R夢プランの担当者は「初年度はスリムと読んでもらうことから始めた。今後はリデュースの取り組み方を知ってもらう機会を増やしていきたい」と、2025年度の目標達成に向けた取り組みを強調する。幸いにも、「節約ブーム」が追い風となり、マイボトルは普及した。市では「マイボトルスポット」と呼ばれる飲料の販売・提供所を、現在の8ヵ所から1区1ヵ所以上に増やしたいとしている。
 

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

「小兵」、走力で頂点に

原中学校男子バスケ部

「小兵」、走力で頂点に

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

農業の「いろは」学ぶ

瀬谷第二小4年生児童

農業の「いろは」学ぶ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

子育て応援マップが完成

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク