瀬谷区版 掲載号:2012年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

万が一の心構え スポーツ推進委員が救命講習

社会

心臓マッサージを行う参加者
心臓マッサージを行う参加者
 瀬谷区スポーツ推進委員を対象にした普通救命講習が5月26日、瀬谷区役所で行われた。人が多く集まるイベントに関わることが多いスポーツ推進委員に救命法を広めようと行った試み。

 当日は区内から集まった40人が瀬谷消防署の指導の下、人工呼吸や心臓マッサージ、AEDの使用方法などを学んだ。

 多くの参加者は他の訓練などで経験済みだったが、初めて心臓マッサージなどを実施した人からは「思ったより強く心臓を圧迫するので苦労した」や「実際にどこを押すのかというのがわかってよかった」という声が聞かれた。

 瀬谷区スポーツ推進委員連絡協議会の兼田治彦会長は「救命法はいつ必要になるかわからない。実際に現場に居合わせた時に冷静に行動できるようになれれば」と話していた。

 瀬谷消防署では緊急通報から救急隊が到着するまで平均6〜8分の間、心臓マッサージと人工呼吸の継続を呼びかけている。

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク