瀬谷区版 掲載号:2012年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷署管内 振り込め被害が急増 被害額3000万で県最多

社会

 瀬谷警察署(山本義明署長)は6月28日、管内の2012年の振り込め詐欺の被害状況をまとめた。発生件数は9件、被害額は約3000万円で県内ワースト1。同署では、この非常事態をどうにか食い止めようと、兼ねてより協力を仰いでいる近隣の金融機関や自治会へ、さらなる注意を呼びかけている。

 瀬谷警察署によると、振り込め詐欺被害が急増したのは6月上旬。6月7日には1日で3件発生した。昨年の同時期に比べると被害件数は1件減少しているが、被害額が既に昨年1年間の総額に達しそうな勢いだ。同署ではこの現状を重く受け止め、6月11日、近隣の金融機関に声をかけ緊急会議を開いた。

 管内の金融機関はこれまでも、保安指導員を置きATMでの声掛け訓練を実施するなど、振り込め詐欺への防犯意識を高めてきた。同署は日頃の協力に感謝の意を述べるとともに現状を報告。「おかしいと思ったら、とにかくその場ですぐ電話を下さい」と、最後の砦である行員らにさらなる協力を訴えた。11日以降は通報が3件あったが水際で防ぎ、被害に至る報告はない(6月28日現在)。

 同署生活安全課によると被害手口の大半は、息子を名乗る者から「携帯番号を変えた」「明日、近くまで行く」などの電話があり、その翌日に支払いを求めてくるというもの。内容は「電車に会社のお金を忘れた。立て替えないと取引に間に合わない」「会社のお金に手をつけた」「女性と別れるための示談金を用意して欲しい」など。また、最近は金融機関の振り込め防止対策が強化されていることから、現金を直接手渡しするケースが増えているという。

 同課では、被害者の約9割が60歳以上の高齢者のため、管内をアナウンスしながら巡回したり、自治会ごとに被害防止の講話を開くなど今まで以上に力を入れ、注意喚起を行っている。平岡一夫課長は「不信な電話があったら警察か家族にまず連絡を。現金を見知らぬ人には絶対に渡さず、慌てて振り込んだりしないように」と呼びかけた。
 

チラシやティッシュで注意喚起
チラシやティッシュで注意喚起

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

「小兵」、走力で頂点に

原中学校男子バスケ部

「小兵」、走力で頂点に

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

農業の「いろは」学ぶ

瀬谷第二小4年生児童

農業の「いろは」学ぶ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

子育て応援マップが完成

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク