瀬谷区版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

どっちが大きい? 市民が収穫体験

教育

傷つけないようにサツマイモを掘る子どもたち
傷つけないようにサツマイモを掘る子どもたち
 瀬谷区や泉区など横浜市内の10区の農家が所属する横浜市南西部農業委員会が10月20日、泉区内の畑で市民約50人と共に野菜の収穫作業を行った。

 これは普段できない体験をしてもらおうと行われている農業体験事業。今年5月の植え付けから収穫まで、5回に渡り実施された。今回、収穫したのはサツマイモ、サトイモ、ラッカセイの3種。参加した子どもたちは、慣れない手つきでイモを掘り、泥だらけになりながら作業を楽しんでいた。大きく成長したサツマイモを見て「どっちが大きいかな」と比べ合う様子も見られた。

 家族で参加していた泉区在住の安井悠人(はると)ちゃん(3)は「ぎゅーっておイモをとったのが楽しかった。バッタもつかまえた」とうれしそうに話した。

 参加者は収穫した野菜を袋いっぱいに詰め、「重たくて持てないな」と言いながらも満足げな笑顔を見せていた。また、農業委員に野菜の下ごしらえについてアドバイスをもらったり、作業後の交流会ではけんちん汁を味わいながら、今回の事業について意見を交換したりと満喫していた。

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク