瀬谷区版 掲載号:2013年2月21日号
  • googleplus
  • LINE

25周年を迎えた「横浜芸術学院アカデミー」設立者で瀬谷区スポーツダンス連盟顧問 鈴木 元也さん 旭区在住 66歳

「花が咲かねば実はならぬ」

 ○…約70人の会員を集める社交ダンススクール「横浜芸術学院アカデミー」。1月6日には市内のホテルで「創立25周年記念舞踏晩餐会」を行い、「18年連続で300人を超える参加者が集まったのは嬉しい限り」と盛況を喜んだ。一方で、競技者の高齢化を危惧し「若い世代にももっとダンスの魅力をアピールしたい」と気を引き締める。

 ○…ダンスとの出合いは19歳のころに行ったカルチャースクール見学。「他の教室より同年代の人が多くて楽しそうだったから」と始まりはささいなきっかけだったが、すぐに「ダンスの上品な芸術性と、パートナーが異性だという奥深さ」に惹かれた。「パートナーが何を考えているのか、女性の気持ちを理解するのはいつまでも難しい。でもそれが面白さ」。思いやりを重んじる心が、そこにはある。

 ○…自身の情熱に反して、当時は男女がダンスをすることに対して偏見や誤解が多く、風営法の規制も厳しかった。そんな状況を変えたくて、県社会人ダンス連盟や市内のスポーツダンス協会など数多くの団体を設立。20代後半で日本のアマチュア社交ダンスのトップ大会「三笠宮杯」の準優勝に輝いた実力派だが、競技者としての時間を削ってでも、「ダンスに対する誤解を、そうじゃないぞと広めたかった。もっと素晴らしいものなんだと」。大会の会場探しにも苦労し、やっと見つけた体育館でも、「床が傷つくから、運動靴でやってくれ」との条件を付けられた。そこで折れることなく「革靴にカバーをつけて、これで傷はつかないだろうと詰め寄った」。熱い一面も持つ。

 ○…休日はガーデニングを楽しみ、自宅兼レッスンフロアの周りでは、梅や桜をはじめ種々の植物を育てている。「これからの時季は花盛りだから、特に楽しみ」と春が待ち遠しい。「花が咲かないと実はならない。花になる人材が育ち、その後にダンス界が発展していけば」。若い芽を育てるため、心ある手入れを続ける。

皆さんご参加ください。

瀬谷区には153の自治会・町内会があります。

http://www.city.yokohama.lg.jp/seya/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

宮崎 辰夫さん

「鉄道小説大賞」で大賞を受賞した

宮崎 辰夫さん

3月29日号

銅野 真夏(まなつ)さん

4月1日の瀬谷センターロビーコンサートで篠笛を披露する

銅野 真夏(まなつ)さん

3月22日号

柳 盛康さん

相模線沿線写真コンテストで最優秀賞を獲得した

柳 盛康さん

3月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎えた日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

3月8日号

平野 太一さん

県立高校からの甲子園出場を目指す瀬谷高校野球部の監督を務める

平野 太一さん

3月1日号

車(くるま) 秀徳さん

瀬谷公会堂の運営業務責任者を務める

車(くるま) 秀徳さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク