瀬谷区版 掲載号:2013年4月18日号
  • googleplus
  • LINE

ヨコハマから世界へ―連載 指導者の道「一球全力」 【1】ブラジル野球連盟 黒木豪さん

スポーツ

 「技術以前の問題だった」。2009年7月、ブラジル・サンパウロ州の日系人が住む町で、少年野球チームのコーチに就任した。

 キャッチボールで悪投した球を放置したままと思いきや、自転車に乗った子が外野に散った球を集める。汗、涙、感謝…野球への思いがたくさん詰まっているはずのグラウンドに、無残についたタイヤのあとを茫然と眺めるしかなかった。

 相手は10代前半の子どもたちと、自分の親くらい歳の離れた監督、コーチ陣。数カ月後に控える全国大会に向け「夏の連戦で集中力を保つために、まずは体力」と、過去にないほどの厳しい練習を容赦なく課した。

 辞書片手につたないポルトガル語でのコミュニケーションに四苦八苦しながら、町中から「あの先生はいらない」と非難を浴びる日々。一球の重み、道具の大切さ、支えてくれる人への感謝…日本流の基本姿勢を繰り返し説き、子どもたちの心に一歩ずつ迫っていった。

 やがて、自己表現が苦手だった子たちの口から「野球がやりたい」という本音が聞かれるように。全国大会3位に輝くと、地元の非難は一転、賞賛に変わった。

 WBCのブラジル代表コーチとして、1次ラウンドの地、福岡県に乗り込むのはそれから3年後のことだ。

原点は中学教員

 指導者を志して日体大を卒業後、保健体育の非常勤教員として初赴任した市立中学校。「競技としてのスポーツしか知らない自分には、全くない考え方だった」。走り高跳びの授業で「あの子の次は嫌」と級友から避けられている女子生徒がいた。後で当事者に「自分が言われたらどうか」と諭したが、先輩教員の一言にハッとした。「その子の後に黒木が跳べばよかったのに。そうすれば皆の注意がお前に向くから」。視野を広げたい。海外への一歩を踏み切らせたあの言葉は、今も忘れない。

 この春、地元横浜を拠点に新たな指導者の道を歩み出した。「ブラジルが世界で活躍できるように」と同国野球連盟の日本事務局員としても活動を続けていく。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

初期消火技術を競う

求む、緑あふれる写真

フォトコンテスト

求む、緑あふれる写真

7月26日号

8月にコンサート

橘和さん阿久和南

8月にコンサート

7月26日号

瀬谷区の人材バンクが作品展

ミニ水族館をつくろう

内モンゴルの児童と交流

かんとう幼稚園

内モンゴルの児童と交流

7月26日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク