瀬谷区版 掲載号:2013年4月25日号
  • googleplus
  • LINE

被災地への思い形に 瀬谷丸、6月に開港祭へ

 東日本大震災で被災した岩手県・大槌町に漁船を贈ろうと立ち上がった「三陸沖に瀬谷丸を!」実行委員会(露木晴雄会長)が集めた募金で建造中の船「瀬谷丸」(=写真)がこのほど、公開された。

 瀬谷区の若者が被災地に赴き、炊き出しなどで支援したことがきっかけで大槌町との交流が始まった。一昨年秋の瀬谷フェスティバルで大槌漁協の漁師が「仕事をするための船が欲しい」の一言に一念発起した1人が露木会長だった。大槌町の漁師の思いを形にするべく始めた募金活動は約3カ月。そして昨年7月には募金で集まった3625万円余の目録と大漁旗を大槌町に届けた。

 現在、船はほぼ完成し、6月8、9日の開港祭に寄港する予定だという。

 露木会長は「瀬谷区以外の方々にも協力していただき、夢が現実となりました。(実行委員会の)委員ともども感謝申し上げます」と話している。
 

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク