瀬谷区版 掲載号:2013年5月23日号
  • googleplus
  • LINE

市幼稚園協会瀬谷支部 新任の教員らを激励 柴田さんの講演会も

社会

挨拶する梅澤支部長
挨拶する梅澤支部長
 「平成25年度横浜市幼稚園協会瀬谷支部新任教員歓迎会」が5月8日、あづまの幼稚園で開かれた。支部内の園長のほか、先輩教員らも多数参加し、新任教員27人の着任を祝った。支部を代表して挨拶に立った二ツ橋愛隣幼稚園の梅澤忠実園長は「子どもたちはとても可愛いです。私たちが可愛がることで、もっともっと可愛い子に育つ。子どもたちと共に過ごす素晴らしさや幸せを感じながら、一日一日頑張って欲しい」と激励した。

 会の後半には柴田賢志さんによる講演会「夢があれば生きていける」が行われた。柴田さんは救急戦隊ゴーゴーファイブのゴーイエロー役などを務め注目された若手俳優だったが難病を機に活動を休止。その後、病と闘いながらも自らの表現の場を詩の創作へと移し、現在は就労継続支援A型事業所を運営する(株)まちふく(旭区中希望が丘249の29)に所属し表現者・詩人として精力的に活動を続けている。柴田さんは順風満帆だった俳優時代から、病に侵されパニック状態になったこと、闘病中の苦悩、勤め先であったイジメなど、自身に起きたことを臆することなく話した。柴田さんはそれでも常に前を向いて歩き、表現者として成功するという夢を諦めなかった。「難病に侵されていても夢があれば生きていける。ここまで生きてこられたのは夢があったから」と強く訴え、「無限の可能性を持つ子どもたちの夢を見つけ、一緒に前に進んでいって欲しい」と新任の教員たちにエールを送った。初めての講演を終えた柴田さんは「緊張せず楽しく話すことができた。良い経験になりました。また機会があればやりたい」と話した。(株)まちふくの田中博士社長は「柴田君は、少しでも皆に元気になってもらいたいと、自らが抱える病のことなどを赤裸々に話した。柴田君の魂の言葉を受け取ってもらえれば」と語った。

柴田賢志さんは熱い想いを語った
柴田賢志さんは熱い想いを語った

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

初期消火技術を競う

求む、緑あふれる写真

フォトコンテスト

求む、緑あふれる写真

7月26日号

8月にコンサート

橘和さん阿久和南

8月にコンサート

7月26日号

瀬谷区の人材バンクが作品展

ミニ水族館をつくろう

内モンゴルの児童と交流

かんとう幼稚園

内モンゴルの児童と交流

7月26日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク