瀬谷区版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷の相原保さん 果樹園芸功労賞を受賞 果樹の生産振興に貢献

社会

「これからも『顔の見える美味しい横浜の果物』をテーマに頑張っていきます」と相原さん
「これからも『顔の見える美味しい横浜の果物』をテーマに頑張っていきます」と相原さん
 県内の果樹生産者が組織する組合等の団体で構成される神奈川県果樹組合連合会(石井和夫会長)。このほど2012年度の「果樹園芸功労賞」が発表され、相原ブドウ園(瀬谷区瀬谷)を営む相原保さんが横浜市で唯一同賞を受賞した。

 同賞は県内の果樹生産者等の生産技術および生産意欲の向上を図るため毎年1回実施されており、12年度は4人が表彰された。

 相原さんは1997年、瀬谷北部地区で初めて果樹栽培に取り組み、以降、地元住民の理解を得ながら果樹経営に専念。ブドウやミカン、柿、イチジクの栽培を市街化区域の中で拡充していった。特にブドウの栽培では、消費者の声に応え新しい品種を積極的に導入。生産だけでなく直売やもぎ取りによる販売経営も確実なものとした。その姿は、他の果樹農家たちの目標にもなっている。また、横浜市が主催する市民農業大学講座受講生の受け入れや、果樹農家への指導、地元農業団体の役員を務めるなど、果樹の生産や振興に貢献してきた。それらが評価されての受賞となった。

 5月15日には横浜のホテルで祝賀会が開かれ、70人以上の人がお祝いに駆けつけた。受賞に際し相原さんは「私が貰えるような賞じゃないんですよ」と驚きの表情。続けて「これからも地元で採れた安全安心で美味しい果物作りを続けていきたい」と更なる意気込みを語っていた。

祝賀会で挨拶に立つ相原さん
祝賀会で挨拶に立つ相原さん

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷から全国の舞台へ

インターハイ

瀬谷から全国の舞台へ

7月26日号

クールスポットで快適に

区内で2校、1施設

基準不適合のブロック塀

区内で2校、1施設

7月19日号

境川に防災スピーカー

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

区内で早くも急増

熱中症による救急搬送

区内で早くも急増

7月12日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク