瀬谷区版 掲載号:2013年7月18日号
  • googleplus
  • LINE

市政報告 声が、カタチに! 横浜市会議員 かのう重雄

消火栓から飲料水の確保

 震災時に飲料水を確保する方法の一つとして、東京都ですでに実施している「消火栓を活用した応急給水」を、横浜市で実施するよう提案しています。

 これは、横浜市と自治会との”共助”の考え方で、消火栓を火災発生時には消防等による消火活動に、火災鎮火後は自治会の管理運営により、飲料水など生活用水確保のために活用するものです。

 現在、水道局、消防局、総務局(危機管理)など関係局が、早期に活用するため協議に入りました。これにより、震災時の応急給水の拡大が図られるとともに、地域防災拠点などへの避難が困難な地域における給水が可能となります。

鳥インフル検査別施設へ

 今年、中国で発生した新しいH7N9の鳥インフルエンザはその後、新たな展開を示していませんが、今後も油断はできません。

 横浜市は、人のインフルエンザ検査も鳥のインフルエンザ検査も、横浜市衛生研究所で行っていますが、6月25日付の読売新聞に「横浜市が鳥のインフルエンザ検査を別施設に変更する方針を決めた」との報道がありました。

 以前から「WHOの鳥インフルエンザに関する基本ルールでは、交雑(こうざつ)によるウイルスの変異を避ける為、人と動物のウイルス検査を同一施設で行ってはならない。別の施設で行うべきだ!」と指摘・提案してきたことが実現します。

■トピックス

・県営阿久和団地内の長年閉鎖されていた「ショッピングセンター」の跡地利用が福祉施設に決定。数年前から団地自治会と一緒になって県・市・区との協議を重ねた結果だと喜んでいます。

・三ツ境駅西側歩道橋の一部に手すりがなく、障がい者の方達が大変困っているとの相談を受けました。瀬谷土木事務所などと何度も協議を重ねた結果、7月末には手すりが付きます。

消火栓を活用した応急給水(東京都)
消火栓を活用した応急給水(東京都)
生まれ変わるショッピングセンター
生まれ変わるショッピングセンター
手すりが付く歩道橋
手すりが付く歩道橋

横浜市会公明党政務調査会瀬谷事務所

横浜市瀬谷区三ツ境125-25

TEL:045-365-2054

http://

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版の意見広告・議会報告最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク