瀬谷区版 掲載号:2013年8月29日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市長選挙 林文子氏、圧勝で再選 投票率は過去最低

花束を手に謝意を述べる林氏
花束を手に謝意を述べる林氏
 任期満了に伴う横浜市長選挙が8月25日に行われ、無所属で現職の林文子氏(67)=自民・公明・民主推薦=が69万4360票を得て再選を果たした。投票率は29・05%で過去最低。林氏は9月10日の市会本会議で所信表明を行う予定だ。

 林氏はいずれも新人で無所属の元市議の柴田豊勝氏(66)=共産推薦=、会社役員の矢野未来歩(みきふみ)氏(38)を破って再選。市内全区で次点の柴田氏を上回り、約56万票の差をつけ現職の強さをみせた。瀬谷区での得票数は2万4850票。

 林氏は「待機児童数ゼロ」など市長としての4年間の実績を強調する一方、新たなまちづくり戦略の策定や防災・減災都市の実現など「市民のくらし満足度ナンバー1」を目指す10項目の政策を掲げ、支持を訴えた。新市庁舎の基本構想に対しては、「北仲通南地区での整備案が最適」とし、関内・関外地区全体の活性化やブランド力の向上につなげたいとしていた。当確後「今までやってきたことをより進化させ、既成概念を捨てた新しい都市経営を進めたい」とあいさつした。

 敗れた柴田氏は中学校給食の実施や小学6年生までの医療費無料化などを訴えたが、及ばず。矢野氏は支持層を広げることができなかった。

争点ぼやけ、関心薄く

 有力政党が相乗りで林氏支持に回ったことや、際立った争点が明確化しなかったことなどにより、投票率は低迷し29・05%(前回は衆院選と同日で68・76%)に。32・37%だった1994年から3・32ポイントの大幅減で市長選の最低記録を更新した。瀬谷区は30・27%だった。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷から全国の舞台へ

インターハイ

瀬谷から全国の舞台へ

7月26日号

クールスポットで快適に

区内で2校、1施設

基準不適合のブロック塀

区内で2校、1施設

7月19日号

境川に防災スピーカー

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

区内で早くも急増

熱中症による救急搬送

区内で早くも急増

7月12日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク