瀬谷区版 掲載号:2013年9月26日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 スズメバチ駆除相談 急増 前年比プラス646件

社会

 毎年7月から10月にかけて件数が増す、各区へのスズメバチ駆除に関する相談。横浜市健康福祉局によると、2013年度の市全体の相談件数は1625件に上り(8月末現在)、前年同月比で646件増加していることがわかった。市では「この時期の巣はとても大きくなっています。ご自分で何とかせずに各区に相談を」と注意を呼びかけている。

 スズメバチが活動し始めるのは毎年4月ごろから。まず、越冬した女王バチが1匹で巣作りを始める。春先、直径7cmほどだった巣は、産卵した卵が次々と羽化して働きバチとなる6、7月ごろには直径10cmほどに成長。最終的に9月ごろには、直径20から30cmぐらいまで巨大化する。

瀬谷区は53件

 スズメバチ駆除に関する相談は、市全体で年間1600件以上寄せられる。13年度は特に多く、8月末現在で早くも1625件。市は最終的に2400件に達すると予測する。市民から相談を受けた各区は、自分で駆除をする場合の対処法のほか、駆除を依頼する場合には(社)神奈川県ペストコントロール協会を案内し対応している。

 同協会が13年度、神奈川県内でスズメバチの駆除を行った件数は1475件(8月末現在)。前年同月比で957件増加している。「今年度は横浜市を含め、神奈川県全体で駆除件数が増えている」と担当者は話す。

 8月末現在、市内18区で相談件数の最多は戸塚区(241件・前年同月比133件増)。港北区168件(同51件増)、金沢区153件(同105件増)が続く。瀬谷区は53件(同7件増)だった。「相談件数が多いのは緑の多い区ですが、中区や西区でも山側では巣が確認されることがあります」と市健康福祉局担当者。

春先の好天でハチ増加

 40年以上スズメバチの研究を続けている中村雅雄さん(保土ケ谷区在住)は、相談件数が多い要因を「4月から6月ごろの天気が比較的安定していたので、巣が壊されることが少なかった。そこに3、4年周期のスズメバチ発生ピークの年が重なったからでは」と分析する。また、「これから遠足などで自然の中に入る機会が増える。目立たないところにも巣があるので注意を」と話す。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷から全国の舞台へ

インターハイ

瀬谷から全国の舞台へ

7月26日号

クールスポットで快適に

区内で2校、1施設

基準不適合のブロック塀

区内で2校、1施設

7月19日号

境川に防災スピーカー

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

区内で早くも急増

熱中症による救急搬送

区内で早くも急増

7月12日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク