瀬谷区版 掲載号:2013年10月10日号
  • googleplus
  • LINE

看護職員市内採用 復職者率は4%どまり 人材確保、なお課題

 横浜市内の全病院を対象に市が毎年実施している「看護職員確保に関するアンケート調査」。このほど2012年度の調査結果がまとまり、年間職員採用数が目標を上回るなか、採用者に占める復職者は全体のわずか約4%にとどまり、いったん離職した看護職員の現場復帰は少ない状況が浮き彫りとなった。

目標数は上回る

 調査は市内で20床以上の入院施設をもつ全134病院を対象に実施し、108病院が回答。看護職員の需給動向などを調べたところ、採用数の合計は常勤で2679人に上り、目標を92人上回った。だが、目標数に達していても、産休・育休取得者への対応や夜勤看護体制の拡充に向け、8割以上がさらなる職員の確保を望んでいる実情も明らかとなった。

 一方、高齢化による医療のニーズの高まりも追い風となって全国の看護系大学数は03年度から10年間で倍増。市内でも大学や短期大学など看護師養成施設が昨年から今年にかけて3カ所増え、14カ所となった。来年度もさらに新設される見通しで、市は「免許取得者すべてが市内の病院で働くとは限らないが、明るい材料」と話す。

ブランクが壁に

 千葉大学大学院看護学研究科の小林美亜准教授らの研究によると、全国で資格を持ちながらも看護職に就いていない「潜在看護職員」は、10年末時点で33・9%にあたる71万4669人。一方、今回の調査では採用者数全2679人のうち、新卒者と転職者が計2576人であるのに対して復職者は103人で全体のわずか3・8%だった。

 この結果を受けて新戸塚病院の植松恒子看護部長は、「医療の世界は日進月歩。一度離職すれば、知識や技術面でついていけるか不安があるもの」。さらに、夜勤労働があるため、家庭との両立を考えて躊躇している可能性も指摘する。しかし、「最近は重症度の高い患者が増えており、現場は人手が足りない。ブランクがあっても経験者は即戦力」と復職者の増加に期待を込める。

 看護職員確保に市も復職支援を重視。最新の医療機器や看護技術を体験して復帰の足掛かりにしてもらおうと、市内の複数の病院が合同で参加するセミナーを08年度から開催、今年度は看護職の求人情報を配信するサイトも開設した。

 団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題。「今後は訪問診療などますます看護職員の存在が大きくなる」とし、市も継続的に確保へ取り組む。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷から全国の舞台へ

インターハイ

瀬谷から全国の舞台へ

7月26日号

クールスポットで快適に

区内で2校、1施設

基準不適合のブロック塀

区内で2校、1施設

7月19日号

境川に防災スピーカー

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

区内で早くも急増

熱中症による救急搬送

区内で早くも急増

7月12日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク