瀬谷区版 掲載号:2013年10月17日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市消防局長賞 区内初、宮沢連合が受賞 3年間連続無火災日を達成

表彰を受けた杉本会長(写真:右から2番目)
表彰を受けた杉本会長(写真:右から2番目)
 瀬谷消防署(大山潔署長)で10月10日、宮沢連合自治会(杉本定見会長)が連続無火災日地域表彰を受けた。同自治会は年間を通じて防災指導会などを積極的に実施し、3年間、1095日間の無火災日を達成した。

 宮沢連合自治会は11の自治体があり、約3000世帯が暮らしている。自治体ごとに消火栓の使い方などを学び、中には保育園と協力して行う自治体もある。そのほか年2回連合自治会が主体となって消火訓練やAED体験などを実施している。今年度は瀬谷消防署協力の元、9月に南瀬谷小学校で訓練を行い、約500人が参加した。「世帯数で考えると多くの人が参加してくれた」と杉本会長が話すように地域住民の防災意識の高さがうかがえる。

 また、今年から自治会の防災担当者約50人が集まり、夜間パトロールと早朝パトロールを年5、6回実施し、防災と合わせて防犯にも力を入れている。このような日々の活動の成果が、2010年8月25日から今年の8月23日までの3年間(1095日間)連続無火災日達成に繋がったようだ。

 同自治会は昨年、2年間の無火災日を達成したとして瀬谷消防署に表彰されたが、今回は横浜市消防局長賞。これは区内で初めての表彰。「この節目を契機にこれからも防災に励んでほしい」と大山署長がエールを送ると、杉本会長は、「会長就任1年目からこういった賞をもらえてたいへん光栄。今回いただいた賞状のコピーを回覧し、今後も火災の起きないよう地域住民に啓蒙活動をしていきたい」と力強く決意を話した。

 今年に入り、瀬谷区内の火災発生件数は32件(10月10日現在)で、その主な原因は放火だという。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷から全国の舞台へ

インターハイ

瀬谷から全国の舞台へ

7月26日号

クールスポットで快適に

区内で2校、1施設

基準不適合のブロック塀

区内で2校、1施設

7月19日号

境川に防災スピーカー

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

区内で早くも急増

熱中症による救急搬送

区内で早くも急増

7月12日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク