瀬谷区版 掲載号:2013年10月24日号
  • googleplus
  • LINE

横浜夢座の第11回公演に「ヘイヘイおじさん」の本人役で出演する 新井 俊次さん 戸塚区在住 72歳

天性のサービス精神、再び

 ○…「実際に話が来るとは思わなかったから、びっくり、しゃっくり」と冗談を飛ばし笑う。缶バッジが付けられた帽子に、黄色い派手な衣装。2002年に閉園した「横浜ドリームランド」の回転系アトラクション「ミュージックエキスプレス」を操作する名物男性従業員「ヘイヘイおじさん」として、多くの来場客に親しまれた。愛称は、当時流行したフィンガー5の『学園天国』を歌うことから、来場客が名づけたもの。「今回の出演もお客さんがきっかけで声がかかったの。迷ったけど、『またヘイヘイを聞きたい』って声に推されて決めたんだ」

 ○…佐賀県出身。奈良ドリームランドで働いていた妹の「横浜でも造っているよ。お兄ちゃんに向いていると思う」との薦めで、24歳のときに横浜へ。「勇気がいったよ」と当時を振り返る。働き始めてからは、すべてのアトラクションを覚えるため、10数カ所を回った。中でもミュージックエキスプレスは定年退職を迎えるまで7年間担当した。

 ○…「黙って操作するのがいけない」。仕事に対するポリシーは強かった。「お客さんは小さな子どもから大人までいる。会話をしながら安心させて、その人に合わせて回していた」という。画一性に囚われず臨機応変に、天性のサービス精神と思いやりが客の心を捉えた。「黙っていてはつまらない。とにかく楽しませたいから、会話をしていたの」。担当中は無事故。アトラクションは話題になり、何度も乗るために長い行列ができた。「閉園時間を過ぎた後まで回すことも、しょっちゅうあったよ」と懐かしそうに思い出す。閉園が決まったときは「惜しい」の一言だった。横浜ドリームランドが歩んだ37年間は、自身の半生と重なる。

 ○…今は舞台稽古や取材などで多忙を極める毎日。「自分でセリフを提案したら、脚本より増えちゃった。どうしよう」とはにかみ、困り顔。懐かしの掛け声で、再びファンを沸かせる。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

橘和 美優さん

国際コンクール受賞記念のバイオリンコンサートを8月19日に開く

橘和 美優さん

7月26日号

東(ひがし) 七男さん

荒れ地を花壇として整備した、みなみせやフラワーズの代表を務める

東(ひがし) 七男さん

7月12日号

久松 紘一さん

横浜瀬谷ロータリークラブの新会長に7月1日付で就任した

久松 紘一さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

伊藤 吉治さん

瀬谷区商店街連合会の新会長に就任した

伊藤 吉治さん

6月14日号

山谷 朋彦さん

5月に横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月7日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク