瀬谷区版 掲載号:2013年10月24日号
  • googleplus
  • LINE

横浜出身のお笑いコンビ 「横浜ヨコハマ」が路上ライブ 「ゆず」の聖地、イセザキで

炎天下のなか多くの観客が集まったライブ初日=8月18日
炎天下のなか多くの観客が集まったライブ初日=8月18日
 横浜出身のお笑いコンビ「横浜ヨコハマ」が8月から、カトレヤプラザ伊勢佐木(中区)の店頭で、路上ライブを行っている。旧松坂屋があったこの場所は「ゆず」がデビュー前に歌っていた、いわゆる「路上ライブの聖地」。芸人である彼らが披露するのはもちろん歌ではなく、コントや漫才だ。

 市立小田中学校の同級生だった上仲誠彦(かみなかまさひこ)さん=金沢区富岡東在住=と新村晋(にいむらすすむ)さん=磯子区森在住=が学生時代にコンビを結成してから、約15年。結成当初のコンビ名は「ヘテロ」。「横浜ヨコハマ」のコンビ名は、昨年11月、2人が所属する浅井企画の大先輩、関根勤さんが命名してくれたものだ。「横浜〜と名乗るからには、地元の人に親しまれるようなお笑いコンビになりたい」と、今回の路上ライブをスタートした。

 老若男女の幅広い世代が集まるイセザキでは、ネタの選定が難しいが「初日から大勢の人が集まってくれて嬉しかった。イセザキは路上ライブを温かく受け入れてくれる風土がある」と上仲さん。新村さんも「実はゆずさんの路上時代に聴きに来ていた。まさか自分たちがこの場所でできるとは」と喜ぶ。「地元横浜で一からスタートする気持ち。”横ヨコ”の愛称で呼んでもらえるよう頑張りたい」。

 お笑いライブは毎月第1・3日曜日の午後2時から約30分間。観覧無料。

「横浜ならではのネタも考えたい」と意気込む上仲さん(左)と新村さん(共に30歳)
「横浜ならではのネタも考えたい」と意気込む上仲さん(左)と新村さん(共に30歳)

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

初期消火技術を競う

求む、緑あふれる写真

フォトコンテスト

求む、緑あふれる写真

7月26日号

8月にコンサート

橘和さん阿久和南

8月にコンサート

7月26日号

瀬谷区の人材バンクが作品展

ミニ水族館をつくろう

内モンゴルの児童と交流

かんとう幼稚園

内モンゴルの児童と交流

7月26日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク