瀬谷区版 掲載号:2013年10月31日号
  • googleplus
  • LINE

ヤクルトが防犯パト結成 瀬谷署と協定、情報共有へ

社会

 瀬谷区の安全安心なまちづくりの実現を目指し瀬谷警察署(増田勝署長)は10月18日、湘南ヤクルト販売株式会社(佐藤陽一代表取締役社長)および神奈川東部ヤクルト販売株式会社(前田典人代表取締役社長)と「地域安全情報の提供等に関する協定」を締結した。

 日頃から商品の配達や営業で区内を回ることが多い同社の従業員たち。「人と人とのつながりを大切にし地域の皆さまの健康と幸せに貢献します」の企業理念のもと地域の見守り活動を積極的に行っている。瀬谷署では、同社と協力し犯罪情報や地域安全に関する情報を共有することで防犯対策の強化につなげていく考えだ。協定の締結にあたり同社では「ニューヤクルトパトロール隊」を結成。左腕に腕章を装着し、パトロールを兼ねた配達や営業活動を行う。業務中に発見・目撃した情報を速やかに同署へ情報提供するとともに、振り込め詐欺などの犯罪防止も呼び掛けていく。

 調印式で増田署長は「安全なまちづくりのためには地域で活躍する方々の力が必要。ヤクルトさんと協定を結べたことは大変心強い」と話し、「狭い道路が多いので交通安全には十分気を付けてください」とパトロール隊へ注意を呼び掛けた。佐藤社長は「熱中症が原因で庭先に倒れていた女性を救急車で搬送した」「品物が外に放置されたままになっていた家で倒れている人を発見した」「振り込め詐欺を未然に防いだ」など社員が配達中に遭遇した例を挙げ、「今後も瀬谷区の安心なまちづくりのため、スタッフ全員で協力していきたい」と語った。

 調印式終了後には、パトロール隊の出発式が実施された。2社合わせ総勢約25人の配達員たちは、パトロール隊と記された真新しい腕章を着け、瀬谷の町へ走り出して行った。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク