瀬谷区版 掲載号:2013年12月19日号
  • googleplus
  • LINE

もしもに備え 災ボラ・シミュレーション

 せやまる・ふれあい館で11月16日、瀬谷区災害ボランティアネットワーク(村島光子代表)主催の「災害ボランティア・シミュレーション」が行われた。5年ほど前から毎年行っている取り組み。参加者はコーディネーター指導の下、震度6強の揺れが襲ったと想定し、区内外からのボランティアを取りまとめる災害ボランティアセンターを開設。

役割などを学んだ後、人手不足な場所が張り出された掲示板に目を通し(=写真)、車椅子を押す体験とともに、現場へ向かった。

 村島代表は、「どうすればいいか知っているだけでも非常時の対応は違ってくるので、存在をもっと広めていきたい」と話した。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク