瀬谷区版 掲載号:2014年1月30日号
  • googleplus
  • LINE

2013年振り込め詐欺概況 件数、額とも過去最悪 60歳以上の女性被害目立つ

 瀬谷警察署(増田勝署長)はこのほど、2013年の振り込め詐欺概況を発表した。被害の7割が60歳以上の女性で、認知件数の25件、1億3421万1000円の被害額は、どちらも過去最悪を記録した(数字は速報値)。

 振り込め詐欺は息子や孫を語る「オレオレ詐欺」と言われていたが、近年は手口が多様化し、架空請求や融資保証、還付金詐欺などの種類がある。「カバンを無くした」や「株で大損して」など、様々な理由で巧妙になってきている。

 神奈川県内で昨年発生した振り込め詐欺は1340件。41億円を超えた被害額は過去最悪を記録した。区内においても、架空請求詐欺による7000万円の被害が発生。件数、被害額ともに過去最悪だった。被害者は全て60歳以上で、中でも女性が7割を占めた。

 同署の生活安全課は、昨年初めから、電話がかかってくるであろう高齢者を対象に啓発活動を実施。人が多く集まる自治会やサロンで、手口や被害にあった人のその後についてなど、注意を呼びかけてきた。増田署長は「銀行などで不信感を持たれないよう、犯人はお金を下ろす理由まで教えるケースがある。金融機関と協力して0を目指していきたい」と話した。

 同署は、振り込め詐欺を重点犯罪の1つと定め、抑止対策の強化に努めていく。犯人グループの徹底検挙・金融機関と連携した水際阻止対策・高齢者を中心とした出前教養の推進、以上3つを掲げ、被害減少に力を入れていくという。

 近年は核家族化が進み、高齢者の単独世帯、孤立化が増加している。今年に入り既に2件の被害が発生していることも踏まえ、生活安全課では新たな案を検討している。「息子や孫などに呼びかけ、そちらから高齢者の親に連絡をしてもらうよう促したい。合言葉を決めるだけでも効果があるのでは」と同課の小田聡課長は話した。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷から全国の舞台へ

インターハイ

瀬谷から全国の舞台へ

7月26日号

クールスポットで快適に

区内で2校、1施設

基準不適合のブロック塀

区内で2校、1施設

7月19日号

境川に防災スピーカー

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

区内で早くも急増

熱中症による救急搬送

区内で早くも急増

7月12日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク