瀬谷区版 掲載号:2014年2月20日号
  • googleplus
  • LINE

溝口瀬谷レミコン(株) 災害時の水運搬を支援 消防署と協定締結

今後の連携を誓った(写真左から依田専務、武田工場長、大山署長、森田事業所長)
今後の連携を誓った(写真左から依田専務、武田工場長、大山署長、森田事業所長)
 瀬谷消防署(大山潔署長)と溝口瀬谷レミコン(株)(青木俊宏代表)は2月17日、大規模火災時の消防水利の確保が困難になった場合に備え、災害支援協定の締結式を行った。水運搬における民間企業との締結は区内2例目。

 同署は大震災などにより大規模火災が発生し、消防水利の確保が困難となった場合に備えて、民間企業からの災害支援協力体制を進めている。今回は溝口瀬谷レミコン(株)から災害時の水運搬を支援したいと協力の申し出があり、実現した。同社は北町の瀬谷レミコン工場を始め県内外に3つの工場を構え、生コンクリートの製造並びに販売。神奈川県内や東京、静岡などに供給している。災害時は消防署運搬用のコンクリートミキサー車を利用し、水を運搬・吐出していく。

区内2例目

 災害時の食料物資の搬送などは既に多くの企業・団体と協力体制が取れているが、水運搬は2012年に締結した(株)依田儀一商店(南台・依田紀久子代表)に続いて区内2例目。大山消防署長は「消火用水の確保がより有意義なものになった。水の供給・運搬は区の課題だが、瀬谷以外でも締結の動きが進めば」と話した。締結式には瀬谷レミコン工場から、森田昭雄事業所長と武田隆夫工場長が出席したほか、(株)依田儀一商店の依田健一専務が参加した。森田事業所長は、「依田儀一商店さんと消防署の指導を仰ぎながら、行動できる支援の要綱を作っていきたい」と話した。

 区内には5つの河川があるが、境川を除く4河川は水を汲み上げる設備が整っていない。昨年12月に境川で実施された訓練では、ポンプ車と連携して可搬式ポンプで水を汲み上げ、ミキサー車へ積載する運搬方法を確認した。今後は訓練を重ねて有事に備えるとともに、水深の浅い他の4河川で水が汲み上げられるよう検討していくという。依田専務は消防署に対し「実際起きた時に対処できるかが課題。周知徹底を図るため、訓練のビデオなどあれば」と話した。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

瀬谷から全国の舞台へ

インターハイ

瀬谷から全国の舞台へ

7月26日号

クールスポットで快適に

区内で2校、1施設

基準不適合のブロック塀

区内で2校、1施設

7月19日号

境川に防災スピーカー

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

区内で早くも急増

熱中症による救急搬送

区内で早くも急増

7月12日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク