瀬谷区版 掲載号:2014年3月20日号 エリアトップへ

上瀬谷小学校前信号 保護者念願の歩車分離式 3年越しで実現

社会

掲載号:2014年3月20日号

  • LINE
  • hatena
信号機の使い方を教わる児童たち
信号機の使い方を教わる児童たち

 上瀬谷小学校前の交差点信号機が2月26日、歩車分離式に変わった。保護者や小学校関係者の強い想いが行政を動かし、安全なまちづくりへと前進した。運用当日には関係者らによる「渡り初め式」が行われ、今後の児童の交通安全を願った。

 一般的に交差点では右折車と歩道を横断中の歩行者との事故が多いと言われている。上瀬谷小学校前の交差点は車の通行が多いのに対し歩道が狭く、兼ねてより保護者や地域住民から危険性が指摘されていた。2011年、保護者や校外委員、学援隊らの意見をまとめ、上瀬谷小学校が瀬谷警察署に「学校前の信号を歩車分離式にして欲しい」と要望書を提出。要望を受けた同署ではすぐ現地調査を開始した。児童らの安全な登下校のためには、信号機を改良すべきと判断、翌12年3月に本部の公安委員会へ上申書を提出した。昨年11月に許可がおり、2月26日、念願の歩車分離式信号機の運用開始に至った。

 ボタンを押し、横断歩道が青になった際、車用の信号が全て赤になる「歩車分離式信号機」。区内では現在、瀬谷小学校前と下原公園入口の2カ所で運用されており、今回の上瀬谷小前が3カ所目。26日には瀬谷警察署、瀬谷土木事務所、学校関係者、地域住民らによる「渡り初め式」が実施された。

 渡り初め前に古谷野明校長は「今までは車と一緒で危なかったけれど、これで安心して渡れるようになりました。ありがとうございます」とあいさつ。続けて児童に「みんな、しっかり安全を確認して渡りましょう」と声を掛けた。

 増田勝瀬谷警察署長は「事故が起きにくい交差点になりましたが、右、左の確認をしてから手を上げて渡って下さい」と児童らに注意を呼び掛けた。校外委員らには「引き続き見守り活動をお願いします」と安全への協力を仰いだ。

 児童らは押しボタンの説明を受けた後、関係者と一緒に元気に手を上げて横断歩道を渡った。その様子を見た学援隊の一人は「早く実現して良かった。これで子どもたちも安心して歩道を渡れます」と語っていた。

分離式でも手を上げて
分離式でも手を上げて

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

目標はパラ五輪出場

日向楓さん(瀬谷中2年)

目標はパラ五輪出場 スポーツ

標準記録の突破目指す

11月14日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

11月14日号

県ベスト介護20を受賞

特養 愛成苑

県ベスト介護20を受賞 社会

開設10周年の節目に

11月7日号

スポーツ功労者に選出

小林秀行さん(本郷)

スポーツ功労者に選出 スポーツ

卓球に情熱注ぎ65年

11月7日号

30年前の作品に再会

瀬谷区出身の宮川夫婦

30年前の作品に再会 社会

区制50周年式典で

10月31日号

オリックス 育成1位指名

横浜隼人の佐藤一磨投手

オリックス 育成1位指名 スポーツ

プロ野球ドラフト会議で

10月31日号

50周年記念日に文化祭

瀬谷区文化協会

50周年記念日に文化祭 文化

特別企画で節目に華

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク