瀬谷区版 掲載号:2014年3月20日号 エリアトップへ

平成25年度横浜スポーツ普及功労賞を受賞した 小林暢彦(ノブヒコ)さん 竹村町在住 76歳

掲載号:2014年3月20日号

  • LINE
  • hatena

元気な声を力に変えて

 ○…横浜スポーツ普及功労賞は、長年にわたり地域のスポーツ振興に努め、普及活動などに励む個人・団体に贈られる。1977年に瀬谷区陸上競技協会員となり、現在は副理事長協議担当部長として後進の育成指導や競技の普及活動に尽力している点が評価された。「妻も卓球協会の活動で2年前にもらった賞。二人で同じ賞をいただけるとは」と頬が緩む。

 ○…東京で生まれ育ち、勤めていた会社の移転をきっかけに瀬谷へ越してきたのは30年以上前。それまで陸上競技とは縁がなかったが「スポーツが好きだから」と協会の先輩に誘われて入会した。誘導係など選手と接する機会も多く「走り終えた子どもたちの「『楽しかった』という声を聞くと、悩みなど吹っ飛ぶ」。各地のマラソンや駅伝を始め、1998年度に行われた神奈川ゆめ国体で審判を務めるなど、手帳には審判を務めた大会名がズラリと並ぶ。

 ○…横須賀のマラソン大会に参加した時、腹痛で座り込んだ選手がいた。「どうすべきか」。講習会で非常時の対応は学んでいたが、安易に触れると選手が失格になってしまう。すぐに救護が来たためコース整備に戻ったが「対応策を理解したつもりになっていた」と振り返る。選手が安全に競技できるよう、様々な場面を想定して競技に臨む大切さを痛感。事前のルール確認を欠かさず、体験を後進に伝えるようになった。

 ○…3度出場したホノルルマラソンを始め、選手としても陸上に携わる。「畑や木々に囲まれ、風の音を肌で感じることが元気の秘訣」とニッコリ。一日に2度のウォーキングは小学校の休み時間に合わせて行う。「児童の元気な声を聞くとパワーをもらえるから」。陸上のイベント企画の他、防犯活動や公園の清掃にも励む。「子どもがお世話になった地域。恩返しする機会をいただいているので、体力が続く限りやっていきたい」。笑顔で話す姿に日々の充実ぶりを感じた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

佐藤 康(やすし)さん

横浜瀬谷ライオンズクラブの第46代会長に就任した

佐藤 康(やすし)さん

本郷在住 49歳

7月11日号

井上 博海(ひろみ)さん

横浜瀬谷ロータリークラブの新会長に7月1日付で就任した

井上 博海(ひろみ)さん

本郷在住 84歳

7月4日号

関 洋二さん

開業30周年を迎えた横浜アリーナの代表取締役社長を務める

関 洋二さん

新横浜在勤 56歳

6月20日号

志水 隆一さん

瀬谷区PTA連絡協議会の会長に就任した

志水 隆一さん

区内在住 42歳

6月13日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月23日号

鈴木 好幸さん

皇室や多くの文化人らに愛される洋食器メーカー(株)大倉陶園の代表取締役を務める

鈴木 好幸さん

南区在住 60歳

5月16日号

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

磯子区在住 55歳

4月18日号

あっとほーむデスク

  • 7月18日0:00更新

  • 7月11日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク