瀬谷区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

瀬谷消防署 学校ごとに防災手引書 市内初、区内小中に配布

社会

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
消防署員に手引書の活用法を聞く原中学校・防災担当の石橋武知教諭(右)
消防署員に手引書の活用法を聞く原中学校・防災担当の石橋武知教諭(右)

 瀬谷消防署(大山潔署長)はこのほど、区内各小中学校を対象に「防災手引書」の配布を開始した。万が一の際、消防用設備等を有効活用した災害対応ができるようにと、各校の設備に合わせて作成されたもので、市内初の試み。3月末までに各校へ配布される。

 同署では2013年度の

防災対策の一つに区内の小中学校ごとの「防災手引書」を作成することを決めた。昨年夏頃から準備を開始、学校職員や区の地域担当者にも協力を仰ぎ、意見交換やアンケート調査を行った。その際に出された意見や要望を基に、学校ごとに設置してある消防用設備に対応した「手引書」を作成することになった。昨年12月から同署予防課総出で16校の防災設備の確認・調査、撮影を行った。学校ごとに状況が異なるため、機器の取り扱い方を手順ごとに撮影するだけでも数日を要した。製作開始から約3カ月後の3月上旬、全校分の手引書が完成した。小学校には3月14日の副校長の会の場で配布、中学校には3月末までに直接手渡される。

 手引書はカラーA4サイズ。消火器や自火報、屋内栓、防火シャッター、誘導灯といった9つの項目に分かれている。説明書を読まない人が多い現状を踏まえ、イラストや写真を使うなど、誰もが理解しやすい内容になっている。手引書は各校4部ずつ、内容の修正やアレンジができるようCDデータも添付された。

 手引書を手にした原中学校の高橋良裕校長は「見やすくて素晴らしいものをいただいた。防犯意識を高めるためにも早速、職員研修を行うなどして活用したい」と語った。

 手引書の製作を担当した同署予防課の柏崎圭さんは「表紙にも記してありますが、活用されないことが一番良い。ただ、もしもの時に備えて、学校職員の方が誰もが防災設備を扱える状況になれば」と話した。

 同署では来年度、手引を使った訓練や研修を実施し、更なる防災意識の向上を目指すという。

写真やイラストを使った、見やすい内容(見本は東野中のもの)
写真やイラストを使った、見やすい内容(見本は東野中のもの)

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

3年無火災で局長表彰

細谷戸連合町内会

3年無火災で局長表彰 社会

区内地域で6年ぶり

7月18日号

集客施設の誘致想定

旧上瀬谷通信施設

集客施設の誘致想定 社会

市がゾーン案公表

7月18日号

和泉川に「くつろぎ橋」

和泉川に「くつろぎ橋」 社会

住民 渡り初めで完成祝う

7月11日号

市負担増で見直しへ

敬老パス

市負担増で見直しへ 社会

検討会設置し、方向性探る

7月11日号

多彩な祭典、30回の節目

瀬谷区音楽祭

多彩な祭典、30回の節目 文化

全員合唱・合奏で祝う

7月4日号

学校・病院、全面禁煙に

改正健康増進法

学校・病院、全面禁煙に 社会

市、1万4千施設調査へ

7月4日号

商店街No.1グルメ決める

商店街No.1グルメ決める 経済

区民投票のグランプリ

6月27日号

あっとほーむデスク

  • 7月18日0:00更新

  • 7月11日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク