瀬谷区版 掲載号:2014年4月3日号 エリアトップへ

Seya防災ネット 高齢者施設の分科会発足 課題共有、対応力向上へ

社会

掲載号:2014年4月3日号

  • LINE
  • hatena
あいさつする久保田会長
あいさつする久保田会長

 2012年に誕生したSeya防災ネットワーク(西洋一会長)に瀬谷区内の認知症高齢者グループホームおよび小規模多機能型居宅介護事業所全35施設が加入したことを機に3月14日、「小規模高齢者施設等分科会」が発足した。これにより、各施設間のつながりを強固にし、災害対応能力の向上を目指す。

 同ネットワークの前身は「瀬谷区自衛消防組織連絡協議会」。東日本大震災発生後、地域の防火防災意識を高めるため、名ばかりだった組織を改変、名も変えて12年4月に再スタートした。当時31事業所だった加入団体も今年2月には226団体に拡大した。

 会員数が増えると今度は細かい動きがしづらい状況に。そんな問題を解決しようと昨年3月に初めての分科会「ピンチをチャンスに!減災共助の会」(金子美津子会長)が発足した。同業種の会員が集まり、会をつくることで、それぞれの意見を聞き、抱えている課題を共有しやすい環境とした。定期的に、要援護者理解講座や減災行動ワークショップなどを実施、減災活動を実践している。

 今回発足した「小規模高齢者施設等分科会」はこれまでの準備期間で、地域連携をテーマとした意見交換会や2回にわたる消防訓練交換会等を実施してきた。区内の認知症高齢者グループホームと小規模多機能型居宅介護事業所の全施設が加入したことにより正式に発足するに至った同分科会。今後は定期的に、実践的な消防訓練や意見・情報の交換会、消防用設備等の研修会を行う予定だ。震災時の木造密集地における火災延焼対策や地域との連携を目指した初期消火箱の導入についても話し合いを進めていく。

 大山潔瀬谷消防署長は「同じ業種のみなさんが抱えている課題を共有できるようにしたいと考え、分科会を発足しました。施設間の交流を深めることでつながりを強固にし、区全体の防災意識を高めていただきたい」と語った。

 3月14日に行われた第1回目の分科会で会長に選ばれた久保田雅徳さん=人物風土記で紹介=は「この分科会が各施設をつなげるきっかけになれば。問題はみんなで解決し、減災の理解を高められるよう働きかけていきたい」と語った。

つながりを強固にすると誓い合った
つながりを強固にすると誓い合った

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

「土地利用に区民の声を」

上瀬谷通信施設返還対策協議会

「土地利用に区民の声を」 社会

横浜市に要望書

12月5日号

15年ぶりVへ、王手

横浜F・マリノス

15年ぶりVへ、王手 スポーツ

7日、日スタで最終節

12月5日号

厚労大臣表彰を受賞

三ツ境諸橋政治さん

厚労大臣表彰を受賞 社会

共同募金運動に長年尽力

11月28日号

防災3団体が50周年

防災3団体が50周年 社会

合同式典で祝う

11月28日号

児童が10周年をお祝い

瀬谷さくら小学校

児童が10周年をお祝い 教育

映像などで母校愛深める

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク