瀬谷区版 掲載号:2014年4月10日号 エリアトップへ

「特別自治市」の理解求める フォーラムで市長ら

政治

掲載号:2014年4月10日号

  • LINE
  • hatena
講演する辻教授(左)と渡辺副市長
講演する辻教授(左)と渡辺副市長

 横浜市が実現を目指す「特別自治市」について考える市主催のフォーラムが3月29日、西区のはまぎんホールヴィアマーレで開かれ、約300人が集まった。

 特別自治市は、神奈川県が横浜市域で実施している事務と、市が担う事務を統合し、効率的な行政運営をできるようにする新しい制度。国以外の事務は横浜市が処理し、地方税もすべて徴収。市の役割や仕事量に見合った公平な税制にすることを制度の柱にしている。

 フォーラムの前半は林文子市長が人口減少など、将来の横浜の課題を説明。後半は渡辺巧教副市長と地方自治に詳しい一橋大学大学院の辻琢也教授が特別自治市の必要性などを訴えた。

 渡辺副市長は、大阪市が目指す「都構想」との違いについて「市域の一体性を保ち、行政区の強みを生かす点で異なる」と説明。今後、国への働きかけを強めて、特別自治市を実現させると強調した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

医療従事者へ野菜で感謝

JA横浜青壮年部

医療従事者へ野菜で感謝 社会

「体の中から元気になって」

7月16日号

4カ月ぶりに営業再開

ふれあいショップ

4カ月ぶりに営業再開 社会

障がいへの理解促す

7月16日号

出演者を募集

ジュニアコンサート

出演者を募集 文化

音大講師が演奏評価

7月16日号

12月にコンサート

音楽のまちSEYA

12月にコンサート 文化

団員募集の締切迫る

7月16日号

クラフトバンドで小物作り

クラフトバンドで小物作り 文化

8月に下瀬谷ケアプラ

7月16日号

新市庁舎で開業

市民協働推進センター

新市庁舎で開業 社会

地域団体などの拠点に

7月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クラフトバンドで小物作り

クラフトバンドで小物作り

8月に下瀬谷ケアプラ

8月10日~8月10日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月16日号

お問い合わせ

外部リンク