瀬谷区版 掲載号:2014年4月17日号 エリアトップへ

瀬谷第四地区 女性ボラ立ち上げ 家事中心に高齢者を支援

掲載号:2014年4月17日号

  • LINE
  • hatena
始動に向け話し合いを重ねる
始動に向け話し合いを重ねる

 二ツ橋町、東野、東野台周辺の瀬谷第四地区でこのほど、女性ボランティア団体が立ち上がり、9月からの活動に向けて準備を進めている。同地区には男性ボランティア「となり組」もあり、家事手伝いなど女性が得意とする支援を中心に行っていく予定だ。

 65歳以上の住民が全体の24%を占め、一人暮らしや夫婦のみの高齢者世帯の増加が目立つ同地区。介護保険における訪問サービスを利用する人もいるが、時間帯で区切られてしまうため満足いく支援を受けられず、一部では不満の声が上がっていた。そのような声を社会福祉の相談に応じる地域の民生委員が聞き、瀬谷第四地区社会福祉協議会の松本幸一会長が発起人となり、ボランティア団体の立ち上げを決めた。

 同地区には10年ほど前から男性ボランティア「となり組」がある。庭木の手入れや家具の移動などの力仕事を中心に行っており、女性ならではのサービスを提供しようと、今回の立ち上げに至った。松本会長を中心に昨年7月から方向性を話し合い、今年初めに地区内でボランティアを募集。60歳代の主婦を中心に、36人の応募があった。現在は月に1度、二ツ橋第二地域ケアプラザで研修会を行い、9月からの始動を目指して準備を進めている。

 ボランティアは登録制で、二ツ橋第二地域ケアプラザを窓口に、依頼の時間に合う人を派遣する。部屋の掃除やごみ出しなど、要求の内容に応じて料金を設定していく予定だ。「困っている人がここに住んでよかったと思える、楽しくて安心できるまちになれば」と松本会長は話した。

 第四地区は地域内に区役所や地域ケアプラザなどの公共施設、特別支援学校、小中学校もあり、福祉保健団体の活動に力を入れている。顔の見える関係づくりと日常の見守りを重視した「第四地区のきずな」事業も2年目を迎え、見守りサポーターによるパトロールやあいさつ運動を通じて地区全体で助け合いのできるまちづくりを進めている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

自然生かした3エリアへ

旧上瀬谷通信施設の公園

自然生かした3エリアへ 社会

基本計画の原案まとまる

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

瀬谷区、普及へ独自補助

感震ブレーカー

瀬谷区、普及へ独自補助 社会

地震時の電気火災防止へ

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

パラ競泳の代表に内定

日向楓選手(区内在住)

パラ競泳の代表に内定 スポーツ

国内大会で日本新連発

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter