瀬谷区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

聖マリ 神奈川DMATに指定 災害医療体制の強化へ

社会

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena
聖マリDMATのメンバー
聖マリDMATのメンバー

 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院(田口芳雄病院長)=旭区矢指町=が3月27日付で神奈川DMAT(災害医療派遣チーム)に指定された。同院を含めた10病院が新たに指定されたことで、県内33すべての災害拠点病院がDMATを保有することになった。

 DMATとは災害発生から48時間以内の急性期に活動できる機動性を持った災害派遣医療チーム。専門的な訓練を受けた医師・看護師・調整員で編成される。災害現場でのトリアージや医療情報の収集・発信、県域を超えた広域医療搬送などを行い、医療救護体制の強化を図る。チームは県内で震度6弱以上の地震または、傷病者20人以上の発生が見込まれる災害時に知事の判断で出動。他県の災害に関しても、派遣要請があり知事が必要と判断した場合には派遣される。

 2011年に発生した東日本震災を受け、12年3月に厚生労働省医政局長は通知を出し、災害拠点病院は今年3月までにDMATを保有することが義務化された。これにより、市内では13、県内では33の病院が神奈川DMAT指定病院に。

 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院では救命救急センターの桝井良裕センター長=写真中央=をリーダーに5人で編成。今後は国や地区が行う訓練などにも参加していく。桝井センター長は「災害時は患者の数と医療に必要な資源に差が出る。見極めが問われる」と話す。今後は組織として携わることで、より高い機動力が見込めるという。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

”1”に因んだキルトずらり

1tas1カフェ

”1”に因んだキルトずらり 社会

26日まで展示

6月17日号

初夏の和泉川を散策

初夏の和泉川を散策 スポーツ

 瀬谷水緑の健康ウオーク

6月17日号

”障害”に寄り添い学ぶ

区社協移動情報センター

”障害”に寄り添い学ぶ 社会

7月に理解講座

6月10日号

プロからダンス学ぶ

ワークショップ

プロからダンス学ぶ スポーツ

瀬谷区で8月に

6月10日号

熱中症予防を呼びかけ

瀬谷消防署

熱中症予防を呼びかけ 社会

感染対策との両立も

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter