瀬谷区版 掲載号:2014年5月29日号 エリアトップへ

初期消火で火災防ぐ 区民2人に感謝状

掲載号:2014年5月29日号

  • LINE
  • hatena
早期発見と迅速な対応をした植原さん(左から2番目)と籾山さん
早期発見と迅速な対応をした植原さん(左から2番目)と籾山さん

 瀬谷消防署(大山潔署長)で5月22日、タバコの不始末が原因で発生した建物火災を、素早い発見・初期消火活動により、最小限の被害に留めたとして、籾山喜代次さんと植原正記さんに感謝状が贈られた。

 火災は今年3月29日の夕方、橋戸3丁目で発生。籾山さんは自宅の雨戸を閉めようと外を見たところ、近隣宅に小さな火を発見した。「焚き火をしているかと思った」(籾山さん)と様子を見ていると、徐々に火が広がってきたため、急いで現場に向かい、家人に知らせようとドアを叩いた。いち早く火災の発見に気付き、家人に知らせたことが評価され、感謝状を受け取るに至った。「一人も怪我をせず、無事に済んで本当に良かった」と籾山さんは話した。

無我夢中で

 一方、出火宅の隣に住む植原さん。買い物帰りに火の手に気付くと、すぐさま出火宅に走りこんだ。外にあった水道を利用して消火を試みようとするも、水が出ず。急いで自宅に引き返して奥さんに声を掛け、バケツに水を汲み、7杯ほど水を掛けた。

 火はほぼ消火できたが、家の壁にまだ熱がこもっていたため、そこで初めて消防署に連絡した。「自分の背を超える2m近い高さの火が上がっていたので、燃え広がらないよう無我夢中だった。先に消防へ連絡しようかどうか悩んだが、判断を間違えなくてよかった」と植原さんは話した。2人の素早い発見と初期消火により、壁面1平方メートル、窓ガラスと雨戸1枚のみの被害で済んだ。

 大山署長は「燃え広がると大火事になる中、身を挺してくれた両名に感謝するとともに、私たち消防も、地域の人と協力して防火、防災に尽力していきたい」と話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

初の区民オペラに挑戦

“音楽のまちSEYA”実行委員会

初の区民オペラに挑戦 文化

「日本生まれの歌劇発信」

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

桃色ドロシーがデビュー

瀬谷西高校出身バンド

桃色ドロシーがデビュー 文化

CFで母校と共演ライブ

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

卒業生と生徒が座談会

三ツ境養護学校

卒業生と生徒が座談会 社会

創立50周年で企画

9月2日号

犬の殺処分過去最少に

動物愛護センター

犬の殺処分過去最少に 社会

引き取り、初の100頭台

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook