瀬谷区版 掲載号:2014年6月26日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷交通安全母の会の新会長に選ばれた 内藤 真美さん 阿久和西在住 43歳

新しい風を吹かせたい

 ○…地域の子どもを見守る「瀬谷交通安全母の会」の会長として、6月から心機一転スタートした。区内11の小学校から各4人がメンバーとなる同会に、昨年初めて参加。わずか2年目での大役に「右も左も分からない。皆をまとめて行けるのかという不安もある」と率直に明かしつつ、「やるからには楽しく。これまでとちょっと違う、新しい風を吹かせたい」。はつらつとした笑顔に曇りはない。

 〇…高校2年生の冬までを青森市で過ごす。関東に出たいと思っていた矢先、父親の仕事の都合で戸塚区へ引っ越すことに。「雪が降らない12月はとにかく衝撃的だった」と環境の変化に驚き、訛りが出ないよう必死になった時期もあったが、今では「電話で地元の友達と話して方言が出た時の、子どもたちのびっくりした様子が楽しくて」と笑顔。化粧品メーカーの美容部員として働いた後に結婚。長男が3歳の時、阿久和に越してきた。「瀬谷は子育てしやすい場所」。3人の子を持つ母親の実感を込める。

 〇…昨年、長女が通う原小学校の校外委員となり、副会長という立場で同会の仕事を覚えてきた。年間4回の交通安全キャンペーンや広報、各校でのスクールゾーン協議会など活動は様々だ。前任の会長から新会長を打診され、「夜に出席する会合などもあり、小さい子を持つお母さんにとっては大変。それなら私が、と引き受けた。人と話すことも好きなので」と朗らかに語る。警察と連携する中で、交通事故の多さなど「この会に入らなければ分からなかったことも多い。もっとたくさんの人に知ってほしい」と会長としての役割を再認識する。

 〇…社会人と大学生の息子、小学5年生の娘は3人とも原幼稚園でサッカーに夢中になった。最近の話題は専らワールドカップ。テレビの前に集合して大熱狂中だ。そんな「友だちのように仲が良い」家族に支えられ、新たな挑戦にも臆せず前向きに進んで行く。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

橘和 美優さん

国際コンクール受賞記念のバイオリンコンサートを8月19日に開く

橘和 美優さん

7月26日号

東(ひがし) 七男さん

荒れ地を花壇として整備した、みなみせやフラワーズの代表を務める

東(ひがし) 七男さん

7月12日号

久松 紘一さん

横浜瀬谷ロータリークラブの新会長に7月1日付で就任した

久松 紘一さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

伊藤 吉治さん

瀬谷区商店街連合会の新会長に就任した

伊藤 吉治さん

6月14日号

山谷 朋彦さん

5月に横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月7日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク