瀬谷区版 掲載号:2014年7月24日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷消防署 境川での水難事故に備え 大和市と合同訓練

社会

ダイバーが救助者を確保、ロープを引き寄せ川岸へ
ダイバーが救助者を確保、ロープを引き寄せ川岸へ

 瀬谷消防署(大山潔署長)は7月2日、中屋敷一丁目の境川中島橋付近で大和市消防本部との合同水難訓練を実施した。

 指揮隊の指揮本部運営、救助活動時の活動要領、各部隊の連携を高め、災害発生時の迅速かつ効率的な初動対応を図るのが目的。横浜市消防局および瀬谷消防署5隊30人と、大和市消防本部4隊17人が参加した。

境川では昨年、台風で増水した川に人が流される水難事故が発生。隣接する大和市と合同で行うことでより実践的な訓練となった。

 訓練は、境川の目黒町付近で人が流されているという通報を受けた消防隊が、救助ポイント(中屋敷一丁目の中島橋)へ向かうところから始まった。現場到着後、要救助者の位置や状況を速やかに確認、救助活動を開始した。ジップライン(救助ロープ)、確保ロープの設定をした後、救命浮輪を投入。続いて飛び込んだダイバーが要救助者を確保、川岸へロープを使って引き上げ救命処置を施した。

 訓練終了後には意見交換会も開かれ、訓練を振り返りながら意見を交わし、隊員らは交流を図っていた。

 また区内では先月24日の大雨で、床下浸水5件(瀬谷・阿久和西・下瀬谷)、1500世帯(二ツ橋・南台・宮沢)が停電する被害が発生。この時の下瀬谷の雨量計は1時間で88・5㎜だった。瀬谷消防署担当者は「訓練で実施した災害が実際に起こる可能性は高い。大和市など近隣との連携を更に深め、もしもの時に備えたい」と語った。
 

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

初期消火技術を競う

求む、緑あふれる写真

フォトコンテスト

求む、緑あふれる写真

7月26日号

8月にコンサート

橘和さん阿久和南

8月にコンサート

7月26日号

瀬谷区の人材バンクが作品展

ミニ水族館をつくろう

内モンゴルの児童と交流

かんとう幼稚園

内モンゴルの児童と交流

7月26日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク