瀬谷区版 掲載号:2014年7月24日号 エリアトップへ

横浜子ども会議 いじめ根絶へ 活発な議論 区内小中学生ら15人参加

掲載号:2014年7月24日号

  • LINE
  • hatena
学校や学年を越えて話し合った
学校や学年を越えて話し合った

 いじめをなくすため子どもたち自身で考える機会を持ってもらおうと、昨年に続き行われている「横浜子ども会議」。瀬谷区では7月1日、瀬谷図書館に区内各校の代表が集まり、8月に開催される全体会議へ向けて意見を交わした。

 区内の小中学校から15人が参加し、昨年採択された『想い〜相手と心から向き合おう〜』というアピール文を踏まえた具体的な取組みについて『一人を大切にするためにできること』『学校のみんなでできること』『まちの人とできること』の3つの視点で話し合いを進めた。

 3つのブロックに分かれた参加者らは、各校で行っている具体的な取組みを紹介。あいさつ運動を行っているという意見が多く、なかには「やってくれない人もたまにいる。あいさつは『やらなきゃ』ではなく、楽しくやるもの」「相手が言うのを待つのではなく、自分から言うと気持ちも上向きになる」との発言も。

 具体的な取組み案としては、いじめに対するポスターを校内に貼ることによって「目に付くので、一人ひとりがいじめをなくそうと意識するようになる」という意見や、『まちの人とできること』では下瀬谷中、瀬谷第二小、瀬谷さくら小の学区で行っているという「街の教育座談会」の実践例が紹介されたほか、「清掃活動を行うことで地域の人と関係を築くことができる」という意見が出ていた。

 区の考えをまとめる最終的な話し合いでは各ブロックの意見が発表され、『一人ひとりが自分の目標をもってあいさつする』『みんなで楽しく過ごせる場所をつくる』『地域の方々と交流を深める』という3つの取組みが決められた。

 区の代表として全体会議に参加することになったのは瀬谷中の神林萌木さん(3年)、三ツ境小の近藤杏美さん(6年)、二つ橋小の白鳥蓮君(6年)の3人。神林さんは「今回の話し合いで出たものを他の区の意見と合わせ、有意義なものにしたい」と意気込みを語った。

 各区の代表は8月19日(火)に中区の横浜シンポジアで行われる「横浜子ども会議」で議論を深め、具体的な取組を決定する。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

初の全国大会出場へ

横浜隼人中野球部

初の全国大会出場へ スポーツ

市春季大会で初優勝

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

河川功労者表彰を受賞

二ツ橋水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞 社会

20年以上の活動を評価

5月12日号

防犯カメラ12台設置

瀬谷銀座通り商店会

防犯カメラ12台設置 社会

治安維持や交通安全に

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook