瀬谷区版 掲載号:2014年8月21日号
  • googleplus
  • LINE

いざという時の術 学ぶ 減災ワークショップ

社会

参加者同士で意見を交換
参加者同士で意見を交換
 突然の災害で避難所生活を余儀なくされたとき、どのように行動すべきかを学ぶ「減災行動ワークショップVOL3」が7月25日、災害時要援護者の取組みに興味のある人や障がい者、妊娠中の人などを対象に、瀬谷消防署で行われた。

 Seya防災ネットワーク分科会「ピンチをチャンスに!減災共助の会」が主催した同ワークショップには1〜83歳までの70人が参加。避難所のトイレや段ボールで区切った家族スペースを体験したほか、配給品が少ない場合の対応や、非常持ち出し袋についての情報交換など、緊急時の具体的な動きを共有した。

 聴覚に障がいのある参加者は「情報が伝わってこないのが不安。自分のことを知らせるためにバンダナをうまく使いたい。今後も続けてほしい」と話した。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク