瀬谷区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

瀬谷区のマスコットキャラクター「せやまる」をデザインした 村松 誠一郎さん 南区在住 75歳

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena

デザインで伝え続ける

 ○…「一つの形や絵が語ることがある。ビジュアルは大きなメッセージ」。瀬谷区のマスコットキャラクター「せやまる」を生み出してから10年以上、気づけば世間は”ゆるキャラ戦国時代”。「子どもに愛されることが大事。キャラクターとして市民に受け入れられ、心臓が動き、時代と共に呼吸をし始める」と語り、「広報やイベントなどで活躍し、愛されていることを耳にすると嬉しく思います」と穏やかな笑顔を見せた。

 〇…南区で生まれ、現在も蒔田に住む「ハマっ子」。7人兄弟の真ん中で、医師か画家になろうかと考えていたが、親を安心させたいと大手企業に就職。石油化学が日本に入って来た頃で製品化が進む中、「商品として社会に出す技術がまだなく、自分にマネージメントの担当が回ってきた」。その後、知人に頼まれ店舗の販売促進を手伝った時は、作ったチラシの効果を電信柱の影からじっと見守ったことも。「どんな反応があるか気になって。お客さんの層に合わせることは大事だし、デザイナーがリードすることも必要」

 〇…1965年、港南区に「デザイン工房ムラマツ」を開設。当時、横浜には商業デザインを仕事にしている人はおらず、印刷物の依頼等がひっきりなしに舞い込んだ。「商業デザインの社会的価値を上げようとずっとやってきた。『東京田舎』と言って反発してきた一方には、横浜を良くしたいという気持ちがあった」と熱を込める。89年に(株)ヨコハマクリエイティブセンターに名前を変え、後進の指導にも力を入れる。「一緒に協力し、学び合ったデザイナーたちも少なくなって、一抹の寂しさも感じるね」と現状に思いを馳せた。

 〇…スタッフと共に「せやまる」第一号を手掛けた後家族が増え、現在も新たなデザインを次々作り続けながら、少年時代の夢だった画家に挑戦中。「筆を走らせている時が充実している」と、その意欲が留まることはない。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

中区在勤 36歳

3月12日号

志駕 晃(しがあきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕 晃(しがあきら)さん

横浜市在住 57歳

3月5日号

小澤 操さん

横浜瀬谷ロータリークラブの50周年記念事業実行委員長を務める

小澤 操さん

北新在住 65歳

2月27日号

石田 七瀬さん

瀬谷区薬剤師会の会長を務める

石田 七瀬さん

瀬谷在勤 63歳

2月13日号

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

保土ケ谷区在住 79歳

2月6日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク