瀬谷区版 掲載号:2014年11月27日号
  • googleplus
  • LINE

古民家に魅せられ30年 二ツ橋町・小滝さん 個展

文化

会津若松での一枚を手に
会津若松での一枚を手に
 街に佇む古民家を始め、福島県会津若松市の老舗竹細工店や石川県金沢市の酒屋、トルコやイタリアの街並みまで――。各地の古い家々を中心に描く小滝濶(おたきひろし)さん(二ツ橋町在住)の水彩画展「ひろしのあの町あの家」が12月2日(火)まで、西区の横浜そごう9階・ギャラリーダダで行われている。

 小滝さんが本格的に絵を描くようになったのは30年以上前。新婚旅行で訪れた北海道・留辺蘂町(るべしべちょう)の駅前で、電車を待つ間に風景をふと描いたところ、「妻が褒めてくれて嬉しかった」。小学生の頃から好きだった絵を再び描くようになった。

 奈良県に旅行に行った時に見た、丸瓦の色合いや雰囲気に惹かれ、それ以来、古民家を好んで題材にしてきた。「家からは、そこに暮らす人たちの歴史や日々の営みが感じられる。旅行先を選ぶ時も、頭にあるのは絵になる古い家がありそうな場所。歩きながら『どんな人が住んでいるのだろう』と想像するのが楽しい」

 奥行等を考え、現地で角度を変えて写真を撮り、厚みがあるフランス製の画用紙など、こだわりの画材で自宅に戻ってからじっくり仕上げるという。全体のバランスに気を付けながら、だんだん色を濃くするのがポイントだとか。

 今回の展示会は2010年以来4年ぶり。訪れる人に向け「懐かしさや、古い建物の素晴らしさを味わってほしい」と笑顔で語った小滝さん。現在は1週間に1回、自身のブログで新作を発表し続けている。「今後は中国地方など山陰地方に足を伸ばしたい」。古い家々に対する興味と情熱が尽きることはなさそうだ。

暑中お見舞い申し上げます

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク