瀬谷区版 掲載号:2015年2月5日号 エリアトップへ

区と地域団体 乳幼児家庭に防災講座 緊急対応力を学ぶ

社会

掲載号:2015年2月5日号

  • LINE
  • hatena
「防災グッズはテーマを決めて」と冨川さん
「防災グッズはテーマを決めて」と冨川さん

 乳幼児がいる家庭で防災について考えてもらおうと、瀬谷区と地域団体が主催して1月10日と24日に行われた「子連れアクティブ防災講座」。2日目の実践編には子育て中の区民らが参加し、非常持ち出し袋の中身の確認やアルファ米の試食等、緊急時の対応を学んだ。

 同講座は、瀬谷区こども家庭支援課と地域子育て支援拠点にこてらす主催、Seya防災ネットワーク分科会「ピンチをチャンスに!減災共助の会」の協力で行われたもの。24日は、事前の学び編で子連れ避難のポイントや防災の基本など知識を深めた子育て中の区民ら、約30人が参加した。

 楽しく防災力を身に付ける「ACTIVE防災」を提案するNPO法人ママプラグ副理事長の冨川万美さんを講師に、被災した母親たちの体験等を紹介しながら進められた。

 冨川さんは、「手作りの離乳食を食べていると、子どもは市販のものを食べないこともある。普段から少しずつトライして緊急時に備えて」など具体例を挙げて説明。防災グッズの紹介では、100円ショップで揃えたり、機能性を重視したりするなど「自分なりにテーマを決めて考えてみて」とアドバイスした。

 避難所を想定した水缶詰と五目ごはんアルファ米の試食では、参加者から「温かいものが食べられると嬉しい」との声が。さらに、ディスカッションでは「家族の防災グッズを見直したい」「子どもたちが自分で身を守れるように教えることも必要だと思った」など、今後に生かしたいという活発な意見が多く上がった。

 冨川さんは「瀬谷区では初めてだったが参加者が多く、皆さん意識が高かった。家族での話し合いや顔見知りを増やすことは大事。ぜひアクションを起こしてほしい」と話した。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

障がい問わずサッカーを

バンデリージャ横浜

障がい問わずサッカーを 社会

「共に子育てをする思い」

4月2日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 経済

来春、10〜12%増見込み

4月2日号

ハマ弁を中学校「給食」へ

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」へ 教育

21年度の開始を視野に

3月26日号

拡張エリア、4月に開園

瀬谷本郷公園

拡張エリア、4月に開園 社会

遊具や広場を整備

3月26日号

街の記録誌、一冊に

せや・ガイドの会

街の記録誌、一冊に 文化

18年間の情報まとめる

3月19日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク