瀬谷区版 掲載号:2015年2月19日号 エリアトップへ

区子連 瀬谷丸から被災地を知る 「今後も続けていきたい」

社会

掲載号:2015年2月19日号

  • LINE
  • hatena
飯野会長と露木会長(中央)
飯野会長と露木会長(中央)

 瀬谷区子ども会育成連絡協議会(飯野美智子会長)は2月8日、講演会「瀬谷丸のある大槌を知ろう」を瀬谷公会堂会議室で行った。被災地の状況や当時のボランティア活動について、子どもたちに知ってもらおうと実施。今後も継続して行く予定だ。

 瀬谷丸は、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県大槌町に、形あるもので支援をしたいと瀬谷区の有志が立ち上がり、募金活動をして贈った定置網漁船。「三陸沖に瀬谷丸を!」実行委員会(露木晴雄会長)が2013年6月、同町で進水式を行い、漁業協同組合や地元住民らと親睦を深めた。それ以降も同町との交流が続いており、そうてつローゼンで魚の販売を行ったことも。

 震災から丸4年が経とうとしている今、子どもたちに瀬谷丸のプロジェクトを知ってもらい、被災地のことを考える機会を持ってほしいと、瀬谷区子ども会が企画。同会では昨夏、被災地を訪れるツアーを計画していたが実現せず、このような取組みは今回が初となった。

 当日は区内の小学生と保護者ら35人が集まり、IBC岩手放送制作の「忘れない3・11 希望の灯 瀬谷丸」の鑑賞や、ボランティア活動について話を聞いた。

 露木会長が瀬谷丸の活動を紹介し、「時間が経つと瀬谷丸は壊れる可能性もある。20年後くらいには第2の瀬谷丸が出来てほしい」と呼びかけると、子どもたちは真剣な表情で耳を傾け、涙を流す参加者の姿も。さらに、質問コーナーでは「被害にあった人たちは今どうしているのか」など、子どもたちから素朴な疑問が投げかけられた。

 今回の取組みについて飯野会長は、「活動について周知できていると思ったが、意外と知らない人も多かった。今日のことが、子どもたちに何か一つでも残ってくれたら。知る機会を作るために、小規模でも続けていきたい」と話した。

 会場では、震災直後の海の様子などを伝える写真が多数展示され、参加者は足を止めて見入っていた。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

土地利用の素案固まる

旧上瀬谷通信施設

土地利用の素案固まる 社会

市、瀬谷・旭で説明会

1月16日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月16日号

「やさしい介護」で市表彰

小規模多機能オリーブ

「やさしい介護」で市表彰 社会

自立支援の取り組み評価

1月9日号

1,268人が門出

瀬谷区の新成人

1,268人が門出 社会

13日、横アリで式典

1月9日号

女子バレー部が「春高」へ

横浜隼人高校

女子バレー部が「春高」へ スポーツ

部員一丸で大舞台に挑む

1月1日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 社会

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

市長「丁寧に説明」繰り返す

IR説明会

市長「丁寧に説明」繰り返す 政治

中区で市内初開催

12月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月19日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク